ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「ZUK Edge」の機種名が確認される

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Lenovo は同社のスマートフォンサブブランド ZUK の名義で「ZUK Edge」と呼ばれる新型機を開発している模様です。ポスターか製品箱か分かりませんが、この名前を表示した画像が Weibo に投稿されていました。ZUK は 2015 年に中国でローンチした Lenovo のスマートフォンブランドで、今ではインドなど中国以外でも販売されています。ZUK の第一弾モデル「ZUK Z1」では、有名なカスタム ROM「CyanogenOS」を採用しており発表当時から世界中のギーク層から注目されています。ZUK は Xiaomi のようにハイスペックな端末を低価格で販売しているのが大きな特徴だと言えます。ZUK からはこれまでに ZUK Z1 / Z2 / Z2 Pro の 3 機種が発売されましたが、今回の ZUK Edge は新しい命名規則を採用していることが分かります。エッジスクリーンを搭載しているのでしょうか。先日、中国で認証を取得した Z2151 が ZUK Edge だと見られています。この機種は 5.5 インチ 2,560 x 1,440 ピクセルのディスプレイや 2.35GHz 駆動の Snapdragon 821 プロセッサ、4GB RAM、64GB ROM、背面に 1,300 万画素カメラ、前面に 800 万画素カメラ、3,000mAh バッテリーなどを搭載しています。Source : Weibo

■関連記事
Android Tips : Android版「Firefox」の動画ダウンローダーを利用する方法
Spotify、Twitterでおすすめの楽曲を提案するキャンペーンを開始
和泉プロパン住宅設備、猫の写真に癒されながら天気を確認できるアプリ「みんなのにゃんこ天気」をリリース

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP