ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

老舗寿司屋さんでイタリアン? 寿司もパスタも絶品の「大市寿司」【大阪】

DATE:
  • ガジェット通信を≫

こんにちは、メシ通レポーターのケメコです。

大阪・上本町にて、面白いお店があると噂を聞きつけました。なんとそこは、お寿司屋さんなのに本格的なイタリアンも食べられる、とのこと。

これは行って確かめてみるしかない! というわけで、今回は「大市寿司」にお邪魔してきました。

いやこのお店、予想以上にすごかったんです。

完全なるお寿司屋さんですよ

大阪・上本町の千日前通り沿い、ありました「大市寿司」です。

見てください、立派なお寿司屋さんの看板とともに、PASTAの文字。

ガラガラガラ、こんにちは〜。

はい、見紛うことなきお寿司屋さんです。

でも……んっ!?

めっちゃ美味しそうなパスタメニューがチラリチラリと主張。

パスタメニューはひとまず置いておいて、まずは大将にお寿司を握ってもらいましょう。

大将、手をパンパンと鳴らしながら「何にしましょか?」と威勢良く聞いてくれます。「大市寿司」を始めて38年、人柄の良さがにじみ出すぎている大将を慕って、たくさんの常連客がこちらに通いつめるのです。

「大市寿司」は、大きなネタが特徴。イクラと穴子を握ってもらうことにしました!

大将、おもむろに穴子を2匹調理台の上に乗せました。え、2貫ですよね……!?

そして、くるくるくる〜。

はい、一丁あがり!

穴子まるまる2匹を使った穴子の握り(900円)です。というか、穴子巻き……? ちょっとわかりにくくてすみませんが、かなりデカイです。

いただきます!!

や わ ら け え (昇天)

すっごくやわらかく煮上がった穴子がまず超絶に美味しいです。本当にたまりません。そのやわらかな穴子と同じくやわらかめに握られたシャリが、口の中で絶妙に溶け合います。幸せな食感に浸りながら無心でかみ締めていると、あっという間に口の中からいなくなりました。美味しすぎ。

お次はいくら。

ぷっちぷちのいくらを、なんだかありえない量、手にとっていらっしゃる大将。

で、軍艦の上に大量のいくらを、ドサッ。

まじすか(笑)

いくらの軍艦なのかいくらの山盛りなのか、よくわからないことになっていますが、とにかく大将の気前の良さだけはよくわかります。

このいくらの軍艦(800円)、ほおばると口いっぱいにいくら、という状態に。ぜいたくすぎるし幸せすぎるんですけど……!

一口ではなかなか全部食べられないので、添えられた海苔にこぼれたいくらを乗せて、おつまみとしていただくお客さんも多いのだとか。

こりゃいいや。

このいくらの軍艦、800円ですからね。穴子の握りも900円だし、かなりお安い。

なんでこんなに大きなネタでリーズナブルなんですか? と聞いてみたところ、「多めに食べてもらった方がいいでしょ!」と大将。気前がいい!!

「大市寿司」はランチも人気とのことで、ランチ用の握りもお願いしました。

でーーーん!!

▲寿司定食(750円)※これに赤だし付きです

ネタはその日によって変わりますが、この日はサーモン、エビ、タコ、ハマチ、マグロ、イカ、玉子、それに巻物数種といなり。どうですこの豪華さ。これで750円ですよ。まったく信じられない。コスパ最強ですよ。

ハマチをいただいてみました。

う、まーーーーーー!!

毎朝市場で仕入れた新鮮な魚を使用しているので、もうネタがコリッコリで美味しすぎます。魚の味も濃くてサイズも大きいので、食べ応えもたっぷり。

大 満 足 !!!

この寿司定食はかなり人気なので(安いしうまいし、そりゃそーだ)、開店してすぐに用意していた分が終わってしまうこともあるそう。なるべくお早めに!

そして、イタリアンへと突入です

イタリアンを担当するのは、大将のご子息・仲 和正さん。

なんと仲さん、お寿司屋さんの息子さんにして、小さい頃は生の魚が食べられなかったのだそう……!(今は克服されているそうです)ということで、お寿司屋さんの道には進まず、イタリアンと中華のお店で修行を積んだそうなのです。

イタリアンと中華で計11年修行を積んだ仲さん、せっかくお父様がお寿司屋さんを営んでいるのだからと、独立前に1回でも一緒に働いてみようと考え、「大市寿司」でイタリアンを提供するようになったのだとか。

この形態になったのは、2015年4月から。火力の問題から、中華ではなくイタリアンの提供になったようです。

お寿司屋さんのカウンターの奥で、仲さんがイタリアンを調理中。なんとも、妙です!

お寿司屋さんだけあって、魚介類は新鮮なものばかり。美味しそう〜!

盛り付けて、

出来上がり〜! お寿司屋さんのカウンターにパスタ!

▲ペスカトーレ・ビアンコ(2,000円)

魚介類たっぷり!

魚介のうま味たっぷりのオイルパスタです。ウニやイクラが盛り盛りで、とにかく豪華&美味しい。パスタはもちろん、しっかりアルデンテ。

さてさて、お次はお肉をジュワーっと焼いていきまして、

はい、出来上がり〜!

▲赤身握り(1,200円)

こちら、仲親子のコラボメニューなんです。お肉をぺろっとめくると、

シャリがお目見え。これは、大将が握るシャリなのです。

肉汁したたる赤身肉のうま味を存分に堪能。ソースは数種類かかっているので、さまざまな味わいが楽しめます! うまい!! これで1,200円なので、かなりお得ですよね。

いや〜堪能しました。

お寿司屋さんでイタリアンなんて全然想像がつきませんでしたが、どちらもものすっごく美味しいのはもちろん、コスパもよくって肩肘張らず、デイリー使いしたいお店です。

息子さんの仲さんは、いずれは独立されるようですので、このような形態は期間限定。お寿司屋さんでイタリアンという貴重な体験ができるのは、今だけですよ!


お店情報

大市寿司

住所:大阪府大阪市天王寺区東高津町11-7 1F

電話番号:06-6767-5328

営業時間:ランチ 11:30〜13:30 ※寿司メニューのみ(なくなり次第終了)、ディナー 17:00〜22:00

定休日:不定休

Facebook:大市寿司

※金額はすべて消費税込です。

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新情報はお電話等で直接取材先へご確認ください。

書いた人:ケメコ

福井県出身、大阪府在住。某エンタメ系企業にて雑誌編集に携わり、その後コピーライターを経てフリーランスに。大衆居酒屋から小洒落たカフェまで、うまいと聞けばどこへでも突入。ゆえに体重増量中。

過去記事も読む

関連記事リンク(外部サイト)

そこは「たこせんべい」の楽園だった! 明石~淡路島「たこせん」の旅
担々麺の名店「麺厨房 華燕」の激ウマ「汁なし担々麺」を食す!
赤い衝撃! 低糖質な「大豆パン」を焼く真っ赤な甲冑姿のパン職人【大阪】

カテゴリー : グルメ タグ :
メシ通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP