ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

松重豊が衝撃スリラー『ミュージアム』の壮絶な撮影現場について明かす 「正直もう昼ごはん、夕食も食べられないほどナマなましかった」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

映画『ミュージアム』連続インタビューの最後は、関畑刑事役の松重豊。カエル男の劇場型殺人事件の一連を俯瞰して見ている関畑刑事役を通して、松重自身は何を感じたか。「現場で冷静になることが難しくなる」と述懐する松重に映画『ミュージアム』について聞く。

――そうとうショッキングなシーンもありましたが、撮影現場の様子はいかがでしたか?

脚本のト書きになっている箇所と、さまざまな特殊造型の死体を毎日目にすることが、本当に苦痛で(苦笑)。正直もう昼ごはん、夕食も食べられないほどナマなましかった。だから、これを本当に映像化してよい子が観られるのかと思っていましたが、僕が観ていた光景よりも、確かにマイルドになっていたように思います。

――小栗旬さん演じる主人公、沢村刑事が謎のカエル男を追っていく過程で、いつの間にか自分自身が追われるほうの立場になっていく展開、テーマなどが素晴らしかったですね。

僕は自分が演じる関畑という刑事を通じて、沢村に起こっている出来事を見つめているという視点で、作品に関わっていました。だから、この映画の中で、沢村とカエル男の関係をつぶさに観ているだけで、どっちかに感情移入しているわけでもないんですね。コトが起こっている最中は観察をして、後ほど分析していくような。僕自身もそう観ていましたね。

――松重さん自身も、冷静に観ていたわけですね。

そうですね。そういうことに巻き込まれてしまった人たちの想いを、全体として観ていましたね。カエル男が抱いている重荷や、しでかしている犯罪行為も含めて、冷静に。

――その冷静なスタンスは役柄の設定であると同時に、物語がリアルに感じる役割も担っていたと思いました。

家族を犠牲にしているとか復讐を企てているとか、ほかのキャラクターが重いものを抱えていて、その中で関畑は主人公の上司で世代もやや違うこともあって、刑事としてのプロフェッショナルな感じは一貫しておいたほうがいいと思いました。そのプロフェッショナルを出して、感じていただけないと、お客さんをダマすことは難しいと思ったんですよね。

――沢村は仕事一辺倒で、そこで訪れた家族崩壊の危機をカエル男に突かれるわけですが、ひとりの人間として観た時に、共感を集めそうなキャラクターだと思いましたが、いかがでしょうか?

沢村夫婦がたどった不幸はお互いに理由があると僕は思っていて、奥さんは旦那さんをもっと理解してもよかったのかなと(笑)。僕の中では強く残りました。そこを正さないから大変なことになるわけで、お互いの責任を感じますね。また、僕らは刑事ではないですが、家庭をかえりみない仕事かもしれないので最低限のフォローもしなければいけないですよね。そうやって夫婦の関係って築いていくもの。お互いの歩み寄りも必要だったのかなと。

――さて今回の『ミュージアム』ですが、どういう風におすすめしていただけるでしょう?

実際僕が観てきた景色も本当に怖かったです。その中で刑事として冷静にいなければいけない作業も、なかなか酷なものでした。現場で冷静になることが難しくなるくらいのシチュエーションのシーンが本当に多くて。ヒューマンドラマや何も起こらない作品がいいですね(笑)。でも、お好きな方はお好きだと思うので、ぜひおぞましいものを観に来てください。

映画『ミュージアム』は、2016年11月12日(土)より大ヒット公開中!


© 巴亮介/講談社 © 2016映画「ミュージアム」製作委員会

■映画『ミュージアム』公式サイト
www.museum-movie.jp

関連記事リンク(外部サイト)

「カワサキを愛している」優勝したブルージェイズ・川崎宗則を地元紙が大特集、愛されすぎてると話題に
矢沢永吉が名言連発する日産CM『やっちゃえNISSAN』がカッコよすぎると話題に 「やりたいことやっちゃう人生のほうが、間違いなく面白い」
マキシマム ザ ホルモン亮くん、結婚式にも便所サンダルで出席してカッコよすぎる
スタローン、盟友ドルフ・ラングレンに殴られ病院送り!『ロッキー4』撮影秘話を明かす
藤原竜也の趣味は飲む・打つ・買う!昭和すぎて「ガチのカイジ」だとネット上で話題に

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP