ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

モネの寝室、かわいい。「クロード・モネの家と庭園」を見にフランスに行ってきました!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

10月末、ノルマンディー地方の入口に位置するジベルニーへ行ってきました。印象派画家クロード・モネが半生を過ごしたと言われる家と庭園は、睡蓮の季節・バラの季節でなくても、うっとりする空間でした!

早速「モネの家」へ。

緑に囲まれた淡いピンク色の壁は、おとぎ話に出てくるような雰囲気。

ダイニングルームは、モネが好きだった黄色・青・白が満載。

日本びいきだったモネのコレクションである、莫大な数の浮世絵画は圧巻でした。

数々の日本の浮世絵コレクション以外にも、各所で日本への愛が感じられます! なんだか嬉しいですね!

ちょっと不思議な感じもしますが。

私のお気に入りは、キッチン。

青が基調でとってもオシャレ。

読書室も青かった。色彩を大事にされていたんでしょうね〜。

モネの寝室は、可愛かった。どの部屋もこだわりが詰まっています。

お部屋からの眺めも美しく、

「この季節に来て良かった〜」と、感じました。

続いて、広大な「花の庭」

季節の花々を楽しめます。

「きっと夏はもっと咲き乱れているんだろうな〜」と想像しながらの鑑賞もワクワクします。

モネの家全体を見られるスポットも是非探してみて下さいね。そしていよいよ……

地下通路を渡ると「水の庭」です!

日本ビイキのモネらしい庭園。でも日本とはどこか違う、その感じに浸れます。

モネが描いた睡蓮の絵をリアルに感じられました!! 想像していたより広い池!!

プカプカ浮かぶ睡蓮、しだれ柳が水面に落とす影、更に紅葉。睡蓮の世界にうっとり。

赤く美しいこの季節に来て良かった!!私が気に入ったスポットもご紹介します。

水の庭の1番奥にある椅子からの……

景色〜。のんびり眺められる〜。ただの休憩場所にしたらもったいない〜。

春〜秋だけの開館の為、時期的に閉館ギリギリですが、秋のモネの家、お勧めです。色とりどりのお花が見たい方はちょっとイメージと違うかもしれないが、“秋ならでは”を堪能出来ますよ。

おそらく睡蓮の絵のアトリエだったと思われる場所は、売店に生まれ変わっていました。

モネの家から駐車場までの道のり

バス駐車場から、モネの家までは、10分かからない位です。

日本と少し発色の異なる紅葉も綺麗だし、

丸〜い形の木も可愛かったです。

こじんまりとしたレストランや、

お土産屋さんや、

素朴な造りの家々など、のどかな街並みも散策の価値ありでした。

ちなみに、駐車場のトイレは有料なので、モネの家のトイレ(無料)がおすすめです。また、モネのお墓がある教会や、モネが行っていたとされるホテル兼レストランや、お庭が綺麗な印象派美術館も近隣にあるそうです。

Fondation Claude Monet84 Rue Claude Monet, 27620 Giverny

パリからプチトリップを考えている方におすすめ!

朝一に出発し、渋滞に巻き込まれることなく、1時間半かかならい位で着きました。モネの日常を想像できる空間、情緒溢れるの景色。心洗われる時間を過ごせるスポットです。

関連記事リンク(外部サイト)

フランス・パリのイルミネーション、見たことありますか?2016年のオスマン大通りを現地ルポ!
プラハで巡る、ミュシャの旅。大人気の美人画が描かれた理由とは?
【速報】パリ・無差別テロから1年のバタクラン劇場、11月12日(現地時間)に営業再開

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TRIP'S【トリップス】の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。