体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

松任谷由実「宇宙図書館」〜松任谷正隆×Goh Hotoda対談をAvidブログで公開

松任谷由実「宇宙図書館」〜松任谷正隆×Goh Hotoda対談をAvidブログで公開

『松任谷由実「宇宙図書館」〜松任谷正隆×Goh Hotoda スペシャル対談〜』が11月15日、Avidブログにて公開された。

11月2日に発売された松任谷由実の新作、「宇宙図書館」。前作から約3年ぶり、38枚目となるファン待望のオリジナル・アルバムです。そのプロダクションでは、Pro Tools | HDXシステムとPro Tools 12のコンビネーションがフル活用された。

プロデューサー/アレンジャーである松任谷正隆氏はプライベート・スタジオで、Pro Toolsと多数のソフトウェア・インストゥルメントを使ってプリプロダクションを実施。そのPro Toolsセッションを起点に生楽器のレコーディングが行われ、ミックスはGoh Hotoda氏とアル・シュミット氏の2人が手がけた。つまりアレンジ/プリプロダクションからレコーディング、ミックスに至るまで、すべての作業がPro Toolsで一貫して行われたことになる。

松任谷正隆氏いわく、“Pro Tools 12の立体的なサウンドが、アレンジにも影響を与えた”という今回の作品。そのプロダクションについて、2人が語っている。

松任谷由実「宇宙図書館」〜 松任谷正隆 × Goh Hotoda スペシャル対談 〜
http://www.avidblogs.com/ja/masataka-matsutoya-goh-hotoda/

関連リンク

松任谷由実 オフィシャルサイトhttp://yuming.co.jp/

Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。