ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

加藤綾子アナが語った「幼少期の苦悩」と「支えてくれた母」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 きれいで、スタイルも抜群。モテて、性格がよくスタッフから仕事の評判も最上級という、まさに才色兼備で女性が憧れる女子アナ代表といわれてきたカトパンこと加藤綾子アナ(31才)が初めての著書『あさえがお 心のハンドルをぎゅっとにぎる33の言葉』を11月18日に発売する。「すべてを持っている女性」と羨む声があがるなか、彼女が明かしたその半生は意外にも苦労の連続だった。

「私、幸せのハードルが低いんです」。この言葉こそ彼女を表す一言かもしれない。ぐっすりと眠れるだけで、メイクができるだけで、好きな食事を口にするだけで、「ものすごく幸せな気分になるんです」。加藤アナは言う。

「子供の頃に毎日体のどこかに違和感があったり、気持ちが沈んだりという経験をしてきた分、日常の些細なことにも大きな幸福を感じることができるようになったんです。鏡を見るのがつらかったからこそ、今、朝起きて鏡を見て笑えるだけで幸せだなぁって思います。そういった多くの人にとっては当たり前のようなことでも、私にとっては『特別に嬉しい』こと。そう考えてみると、私は『幸せのハードル』がとても低いことに気づきました。だから、どんな毎日でも楽しいと思えるし、笑顔でいられるんだな、って」(以下、「」内加藤アナ)

 今年5月、8年と1か月勤めたフジテレビを退社。フリーとしての新たなスタートを切った。

「ずっと朝型の生活でしたから、今は夜更かしをして、朝寝坊したり。それだけでドキドキの毎日です(笑い)。フリーという立場になって、これからどんな挑戦をしていけるかなと思っています。今回、本を出させていただくのも大きな挑戦の一つでした。今までは会社員という立場もあり、自分の話をするというのは苦手だったんです。情報を中立にお伝えするという仕事柄もあったと思います。

 でも、自分の思いを自分の言葉で伝えなければと思うようになりました。お話しすることで自分も成長したい。そしておこがましいですが、少しでもみなさんを元気にするお手伝いができれば嬉しい。そうして思い切って本を書いてみることにしました。書くからには、つらい経験も避けて通るわけにはいきませんでした。私なりに思いを詰め込んだつもりです」

◆「なんで私をこんな体に産んだの!」

 2008年にフジテレビ入社。「カトパン」の愛称で親しまれ、秋からは情報番組『めざましテレビ』(月~金曜の早朝5時25分から放送)に出演。また、『ホンマでっか!?TV』ではMCの明石家さんま(61才)と絶妙なトークを見せるなど、フジの看板アナとして走り続けてきた。

 だが、7年半もの間毎日、日本全国に笑顔を届けるということは至難の業であることは想像にかたくない。深夜3時に起きて出社し、早朝からテレビカメラの前に立つ──つらい日も、体調が悪い日も、なぜ365日変わらない笑顔でテレビの前に立ち続けることができたのか。そこには幼少期から思春期まで続いていた苦悩と、救ってくれた母の存在があった。

「私、小さい頃からアトピー性皮膚炎だったんです。ひどい症状に長い間悩まされてきました。お米、小麦、お肉のアレルギーで、それらを少しでも口にすると眠れなくなるほど悪化することも。子供が大好きなハンバーグやケーキなども、一切食べることができず、満たされない気持ちを常に抱えていたんです。

 幼稚園の頃、白いご飯とは違う、茶色い雑穀米のお弁当に驚いた男の子に『虫を食べてる!』とからかわれて傷ついたことや、ひどいかゆみで夜中体を思い切り掻きむしり、泣き叫び続けたこともありました」

 そんな加藤アナを献身で支えたのは母だった。徹底した食事療法や合う病院探しなど細やかなケアを続け、支えてきたという。

「いちばん悪化して肌がボロボロになってしまった中学生のとき、友達に“気持ち悪い”と思われているのではないかと学校に行けなくなってしまったことがありました。そして“なんで私をこんな体に産んだの!”と、ひどい言葉で母を責めたことがあります。

 母は基本的に辛抱強くて、陽気な性格。すぐに“綾子が勝手にそんな体に生まれたんでしょ”と言い返されましたが、今思い返すと本当に申し訳なくてつらくなります。本当にそう言い返してくれる母でよかった…。でもそのときは私も鏡を見るだけで涙が出てくるほど毎日うつうつとしていたんです」

 中学2年生の夏に、食事療法が功を奏し、いい医師との出会いもあり、症状は改善。母譲りの明るい性格を取り戻していった。

撮影■中村和孝(まきうらオフィス)

※女性セブン2016年12月1日号

【関連記事】
加藤綾子アナは「最高のアナウンサー像」と大学教授が絶賛
祝フリー転身!グラフィティで振り返る加藤綾子アナ【前編】
吉田美和、亡き義母・りりィから託された散骨の願い

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP