ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

80才過ぎた患者に「知りたくないがん告知」は意味あるのか

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 女性セブンの名物アラ還記者“オバ記者”こと野原広子が、世の中に怒りをぶちまける! 今回のテーマは「がん告知」です。

 * * *
「胃がんですね。これが胃の入り口にできた大きな腫瘍でこっちの小さいのは…」。つい先日、82才の父の告知に同席したときのこと。

 30代の若い医師は映像を動かしながら、抗がん剤や放射線治療をしたらどうなるか、こんせつていねいに説明したあと、「ステージは2。全摘すれば、再発率は15%」と手術をすすめたの。

 ズシンと重たい荷物を持たされたような気持ちになるのは、ことがことだけに仕方がない。だけどだんだん、この告知ってほんとに意味があるのか、考えさせられたのよ。

◆一度も健康診断をしたことのない高齢者は…

 話は今年の7月にさかのぼる。茨城から野菜を車に積んで上京してきた父が、「なんだかノドに食べものがつかえる」と、薄い胸を叩きながら言うから、「そら、食道がんだな。早く病院に行ったほうがいいよ」と私。

 父は一度も健康診断をしたことがない。体の仕組みには興味がないし、がんの知識はほぼゼロ。ちょっとやそっとじゃ病院に行くとは思えないから、よかれと思って「がん」と脅したわけ。

 それが効きすぎたのよね。今回、病院に行ったのも、食べ物がノドにつまって七転八倒したからで、そうでなければ悪化しても病院には足を向けなかったはず。

 診察室を出てからは、「手術はしねえぞ。手術した人、みんな死んでいるから」と脅えきっている。その様子を見て、私も、なんとしても手術台に乗るように説得しようとした気持ちが、どんどん小さくなっていったんだわ。

◆「適当なことを言って」と医者に頼んでおけば…

 確かに全摘すれば、胃は完治すると言うけれど、「どのくらいリンパに飛んでいるか、手術してみないとわかりません」とも言う。それを、高齢の父はどう解釈するか。

「切ってもダメなものはダメ。いいんだよ、死ぬのは一回だ」と開き直ったかと思えば、体をくの字にしたまま、黙り込んだり──。

 私の不用意な「食道がん」発言で不安定になった精神状態を、医者の告知が追い打ちをかけたとしか思えない。それで今は手術どころか、治療したって仕方がないという方向に向かっている。

 正直、私もずっとインフォームド・コンセントを好意的にとらえていたんだよね。医師と患者が対等に情報を共有するのはフェア。患者も後悔しないんじゃないか、と。でも、実際はどうなんだろう。

 聞けば、インフォームド~は、訴訟を起こされた医師が敗訴しないよう、患者の同意を得んがために、治療内容や薬の説明をくどいほど伝える、アメリカで生まれた考え方だ。

 ひとり暮らしの私はそれを受け入れるけど、父のように田舎の無知な高齢者に同じことをして何の効果がある?

「前もって適当なことを言ってくれって、医者に頼んでおけばよかったかなぁ」

 そんなこと無理とわかっているけど、望まないではいられないんだよね。

※女性セブン2016年11月24日号

【関連記事】
がん治療に第4の選択肢 「ロボット手術」が保険診療併用へ
自覚症状なく治療困難な肺がん患者 受け入れ数トップ10病院
宮迫の義父「1か月前に胃がんと聞いた。内視鏡手術の予定」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP