ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『ドクターX』出演の田中道子 宮川香山の超絶技巧に感嘆

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「日本美術応援団長」の山下裕二氏(明治学院大学教授、美術史家)を引率に「ナマの日本美術を観に行こう」の掛け声で始まった大人の修学旅行シリーズ。今回は、女優・田中道子さんとともに、幕末に生まれ、明治に活躍した陶工・宮川香山の展覧会を訪れた。横浜・眞葛ミュージアムが所蔵する香山コレクションを、没後100年の節目に増上寺宝物展示室で一挙公開。花瓶や香炉に施された驚きの装飾彫刻を中心に、独創的で華麗な世界を展開する。

山下:ここ増上寺宝物展示室は、徳川家康没後400年の昨年完成しました。徳川家の菩提寺であったことが由縁ですが、田中さんはいらしたことがありますか?

田中:浜松出身で家康ゆかりの浜松城へはよく行きましたが、増上寺は初めてです。幕末に生まれ、明治期に活躍した陶工・宮川香山ともゆかりがあるのですか?

山下:宝物展示室には、明治43年にロンドンで開催された日英博覧会に出品された『台徳院殿霊廟模型』が里帰りして常設展示されていますが、その博覧会には香山の作品も出品されている。1世紀以上の時を超え、この空間で再び顔を揃えたわけです。

田中:素敵ですね! 香山の作品は初めて拝見しましたが、『鷹ガ巣細工花瓶 一対』の精緻さに衝撃を受けています。鷹や幹が浮き出てくる大胆さとは裏腹に、葉の艶や羽根の繊維まで感じられる鷹の毛並みなど、表現がとてもきめ細やか。ひな鳥の巣は、覗いてみると青葉が生えています。粉雪舞う冬の情景とのコントラストも印象的で、いつまでも眺めていたい。脳裏に焼き付けたい作品です。

山下:その精緻さこそ、香山が編み出し、世界を震撼させた超絶技巧「高浮彫」です。『猫ニ花細工花瓶』も芸が細かいですよ。浮き出した猫の耳の中をよく見てみると、あのぐにょぐにょした特有の質感が見事に表現されているでしょう。香山はこういう細部に異常な執着をみせました。独創的な表現を次々と試す貪欲さが創作の原動力だったのでしょうね。

田中:ぺろっと出ている舌がまたとっても薄くて繊細です。焼き物だということが信じられません。

山下:釜で焼かれて収縮するのを計算した上でのことですからね。中を覗いてみると、鷹や猫が浮き出した部分には凹凸があります。厚さによって収縮率が違うので、浮き出た部分をへこませたのです。

田中:『蓮ニ鳥細工花瓶』は枯れた蓮の葉の横に生命力に満ちた蓮の実や花が生えています。そのギャップが躍動感を生み、より生命の瑞々しさが感じられます。

山下:実はこの蓮の実も動くのですが、そのあたりも香山らしい芸の細かさです。注目された虫食いの枯葉は、伊藤若冲の『動植綵絵』で象徴的なモチーフです。『氷窟ニ鴛鴦花瓶』での鴛鴦の表現法など、香山の造形は若冲作品と共通点のあることがわかります。

田中:それほど才能溢れる陶工が日本に先駆け、いち早く海外で高く評価されたのは納得ですね。

◆山下裕二(やました・ゆうじ):1958年生まれ。明治学院大学教授。美術史家。『日本美術全集』(全20巻・小学館刊)の監修を務める。笑いを交えた親しみやすい語り口と鋭い視点で日本美術を応援する。

◆田中道子(たなか・みちこ):1989年生まれ。女優。2013年「ミス・ワールド」日本代表に選出、モデルとして活躍。放送中のドラマ『ドクターX~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日系)で女優デビュー。

撮影■太田真三 取材・文■渡部美也

※週刊ポスト2016年11月25日号

【関連記事】
日本美術の名品群が明治期ボストンに渡った理由を専門家解説
CanCamモデル山本美月が魅せた「大人の色香」を撮りおろし
伊藤若冲の「桝目描き」 江戸時代のデジタル画と評される

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP