ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

吉田美和、亡き義母・りりィから託された散骨の願い

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 青く輝く太平洋を望む千葉県鴨川市の海岸沿いに、そのマンションはあった。近隣住人は、半年ほど前から『DREAMS COME TRUE』(以下ドリカム)のボーカル・吉田美和(51才)がよく訪れていたことを記憶していた。

「旦那さんと一緒にね。ここ、彼女の姑さんが住んでいたから。入院中の家のことなんかもやってあげてたのかな。今どき珍しい、立派なお嫁さんでしたよ」(近隣住人)

 11月11日朝6時、歌手のりりィ(享年64)が亡くなった。末期の肺がんだった。

「ずっと鹿児島の病院にいたんだけど、転移も見つかって。“最期は自宅で”ということで、今年春に鴨川に戻ってきたんです。近くの大病院で入退院を繰り返していましたけど、最後は何も食べられなくてね。酸素ボンベも手放せないし、痛々しい姿だった」(別の近隣住人)

 吉田がりりィさんの息子で歌手のJUON(31才)と結婚したのは、2012年3月のこと。自身のバンドとは別に、ドリカムのサポートメンバーとしても活動していたJUONが吉田に“婿入り”したことが当時話題になった。

「“身も心もあなたに捧げます”という誓いを込めて婿入りしたそうです。吉田さんは彼の19才も年上でりりィさんとは13才しか離れていない。複雑な思いもありそうですけど、りりィさんは“ふたりが幸せならいいじゃない”って気にするそぶりもなく。蛙の子は蛙というか、JUONさんもずっと音楽をやってきて、母子がとても仲よくてね。そこに吉田さんも入っていったわけだけど、嫁姑関係は上手くいっていた。吉田さんとりりィさんはどちらかというと“姉妹”みたいな関係でしたね。結婚した時は、“逆玉だね”って茶化したら、“そうなのよ、いい人見つけて一安心だわ”って笑ってたっけ…」(りりィさんを知る音楽関係者)

 1974年の『私は泣いています』以降、数々のヒット曲を出したりりィさんを吉田はミュージシャンとして尊敬していた。晩年、小さな会場でりりィさんがライブをした際も、吉田が訪れている姿が何度も目撃されている。

 2009年にはドリカムが主題歌『その先へ』を歌ったドラマ『救命病棟24時』(フジテレビ系)にりりィさんが出演し、“嫁姑共演”に吉田は歓喜していたという。

 りりィさんは生前、『Lily-Yoji』でユニットを組むミュージシャンの斉藤洋士氏(60才)と内縁関係にあったが、

「吉田さんは斉藤さんとも仲良しで、嫁舅関係も問題なかった。4人全員が家族って感じだった」(別の音楽関係者)

◆「幸せで安らかな顔をしていた」

 りりィさんが肺がんの闘病で鴨川に戻ると、吉田は献身的に支えた。仕事の合間を見つけては車で片道3時間かけて、病室を見舞っていたという。りりィさんをデビューさせ、晩年まで親交を持っていた音楽プロデューサーの寺本幸司氏が明かす。

「亡くなる3日前にお見舞いに行った時も、JUONと吉田さんがいました。りりィの足を揉んであげたり、かいがいしく看病していましたよ。あの時、吉田さん夫婦は近くに泊まり込んでいて、3日間看病に当たっていたそうです。彼女はもう物が食べられないのですが、野菜や果物をすりつぶして凍らせたものを口に含ませてあげると、喉が爽やかになるんだそうです。驚いたのはその氷を吉田さんが手作りしていたこと。りりィ、見たこともないほど幸せで安らかな顔していました」

 亡くなる前日の10日夜も、吉田夫婦は病室に見舞いに来ていたという。いったん帰宅したが、東京に着いた直後、りりィさんの容体が急変。

「吉田さんとJUONさん、その足でタクシーに飛び乗って、深夜にUターンしてまた鴨川に戻ってきたんです。なんとか間に合って、ふたりで最期を看取ることができたといいます」(前出・知人)

 りりィさんが亡くなった翌12日、ドリカムは予定通り、マリンメッセ福岡でツアー公演をこなした。この日はJUONもギターで参加し、全25曲を熱唱した吉田。途中、MCで亡き義母に思いを馳せる一幕があった。

「昨日、JUONのお母さんであるりりィさんが亡くなりました。私も“りりたん”と呼ばせていただくくらい親しくさせていただいていました。いろんなことがあるけれども、一生懸命歌います」

 そう話す吉田の傍らで、下を向いてうつむくJUON。彼の目に、涙はなかった。

 15日、鴨川市内の葬儀場で、親族のみの密葬が行われた。参列者は40人ほど。喪服の者は少なく、ラフな普段着の人が多い。霊柩車に棺を運ぶ一行の中に、黒地のTシャツ、黒のジャケット姿の吉田がいた。傍らにはJUONが寄り添う。

 ふたりの表情に悲壮感はなく、時折、笑顔も見られた。生前の遺言で、吉田夫婦にはある願いが託されていたという。

「お墓はいらないから、火葬後は骨を鴨川の海に散骨してほしい、って。すでに地元の仲間が船をチャーターしているそうです。四十九日が済んだ後、吉田さんとJUONさんら親族で、遺骨を撒く予定だといいます」(前出・知人)

 愛する家族に見守られて、りりィは海に帰る。

※女性セブン2016年12月1日号

【関連記事】
「吉田美和の名前守りたい」と19才下の夫JUONプロポーズ
加藤綾子アナが語った「幼少期の苦悩」と「支えてくれた母」
長期欠席の愛子さま 「お疲れ」レベルは他の中学生と別次元

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP