ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

PUSHIM、4年ぶりのカバーアルバムよりショートMV8本を制作

DATE:
  • ガジェット通信を≫

PUSHIMが11月16日に発売する約4年ぶりのカバーアルバム『THE ノスタルジックス』より、ボーナストラックを除く8曲分のショートMVの制作が決定した。

プロデューサー陣に、MURO、HOME GROWN、韻シスト、LITTLE TEMPO等、豪華な顔ぶれが参加している本作は、PUSHIMが影響を受けた50年代~70年代の昭和歌謡&ポップスの珠玉のナンバー8曲とボーナストラックのLIVE音源2曲、合計10曲が収録されている。

今回のMV制作は、アルバム全体を映像としても表現したいというPUSHIM本人の意向により決定。第一弾としてアルバム1曲目に収録されている「バナナ・ボート(DAY-O)」のMV(ショートver.)が公開された。その他7曲も数日おきに徳間YouTube内のPUSHIMチャンネルで公開予定とのことなので、欠かさずチェックしてほしい。

また、PUSHIMは恒例の年末ライブ『YEAR END PREMIUM LIVE 2016』をビルボートライブ東京、ビルボードライブ大阪、ブルーノート名古屋で開催予定。こちらもあわせてチェックしてみよう。

「バナナ・ボート(DAY-O)」MV(ショートver.)
https://www.youtube.com/watch?v=3m00jYW_gxc

アルバム『THE ノスタルジックス』
2016年11月16日 (水) 発売

TKCA-74430/¥3,000+税

<収録曲>

1. バナナ・ボート (DAY-O) / (浜村美智子 / 1957年)

作詞・作曲:L.Burgess、W.Attaway / 訳詞:井田誠一

2. モンロー・ウォーク / (南佳孝 / 1979年)

作詞:来生えつこ / 作曲:南佳孝

3. 虹の彼方に (Over The Rainbow) / (美空ひばり / 1961年)

作詞:E.Y.Harburg / 作曲:Harold Arlen / 日本語詞:水島哲

4. 黄昏のビギン / (水原弘 / 1959年)

作詞:永六輔 / 作曲:中村八大

5. 傘がない / (井上陽水 / 1972年)

作詞・作曲:井上陽水

6. プレイバック part2 / (山口百恵 / 1978年)

作詞:阿木燿子 / 作曲:宇崎竜童

7. ラストダンスは私に (Save The Last Dance For Me) / (越路吹雪 / 1961年)

作詞・作曲:Doc Pomus、Mort Schuman / 訳詞:岩谷時子

8. 見上げてごらん夜の星を / (坂本九 / 1963年)

作詞:永六輔 / 作曲:いずみたく

(Bonus Track)

9. リンゴ追分 (Live ver.) / (美空ひばり / 1952年)

作詞:小沢不二夫 / 作曲:米山正夫

10. A Place In The Sun (Live ver.) / (スティービー・ワンダー / 1966年)

作詞・作曲:Ronald Miller、Bryan Wells

※括弧内はオリジナル歌唱アーティスト・発売年。

M-1, 4, 5は日本語カバーオリジナル歌唱アーティスト・発売年

『YEAR END PREMIUM LIVE 2016』
12月15日 (木)  ブルーノート名古屋

1stステージ 開場17:30 / 開演18:30

2ndステージ 開場20:30 / 開演21:15

12月27日 (火)  ビルボードライブ東京

1stステージ 開場17:30 / 開演19:00

2ndステージ 開場20:45 / 開演21:30

12月30日 (金)  ビルボードライブ大阪

1stステージ 開場17:30 / 開演18:30

2ndステージ 開場20:30 / 開演21:30

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP