ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

パピレス、必要な情報を検索して購入できるスマートフォン向けの電子書籍サービス「犬耳書店」を開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

パピレスは 11 月 15 日、書籍を部分的に閲覧できるスマートフォン向けの電子書籍サービス「犬耳書店」を開始しました。「犬耳書店」は、ビジネス、教養、くらし、雑学、エンタメ、恋愛実用に関する 80,000 点の電子書籍の中から必要な情報を検索して購入できる WEB サイトです。スマートフォン向けサービスですが、アプリはなく、WEB ブラウザで利用します。電子書籍を購入するにはアカウント登録が必要です。「犬耳書店」では、必要な情報だけを安価に購入できる点が大きな特徴です。例えば、一冊の費用が 450 pt の作品の場合、部分売りされているセクションは 50pt で購入できます。また、部分売りの記事は WEB サイトのような記事として配信されているので、電子書籍アプリのように専用ビューワを利用することはありません。基本的には、作品は有料で販売されていますが、無料で配信されている作品や抜粋を表示する「立ち読み」機能もあります。Source : 犬耳書店パピレス(プレスリリース)

■関連記事
Google Pixel / Pixel XL用のTWRP(アルファ版)がリリース
Xiaomiのベゼルレススマートフォン「Mi MIX」は意外と頑丈
PGA、USB Type-Cを採用したUSB充電器「PG-CAC30A01BK / 02WH」「PG-CAC30A03BK / 04WH」「PG-CDC30A01BK / 02WH」を11月30日に発売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP