ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

どっちを選ぶ?! 大人女子がすべきコーディネート

DATE:
  • ガジェット通信を≫

どっちを選ぶ?! 大人女子がすべきコーディネート<br />

流行を追い続けていた若い世代から、少し大人のキレイな女性を目指したい! でも好みの問題もあるし、どんなアイテムを選べばいいの? ちょっと悩んでしまう大人女子のために、迷ったときに選ぶべき失敗がないアイテムを紹介します。

バレエシューズよりパンプスをチョイス

ぺたんこ靴が流行中で、バレエシューズやフラットミュールなども可愛いですよね。でも、きれいめ大人女子を目指すならパンプスがおすすめ。ハイヒールをカツカツならして歩くのもかっこいいかもしれませんが、現実は履き慣れないと膝が曲がって姿勢が悪くなり見た目はよくありません。ヒールは4~6センチのミドルヒールでも十分美脚効果があり、定番のものからローファータイプ、ブーティなど種類が多いのも魅力。スエード素材だと合わせやすく品もあってGOOD。

スカンツよりスカートをチョイス

楽でおしゃれに見えるスカンツも流行中ですね。でもこれ、意外と男性にはウケが悪いんです。ちょっと寒いけれどフレアスカートやタイトスカートを選ぶと無難に大人女子らしいコーディネートができますよ。今年はスカートもひざ丈、ミディ丈(ミモレ丈)、ロング丈と全ての丈が流行なので、コーディネートや好みに合った丈を選べます。ミモレ丈でボリュームが出過ぎる場合は、細かいプリーツもあり。ペンシルタイトスカートは体型もスリムに見えますし、サスペンダーつきのものなら大人過ぎず可愛さもプラスできますよ。

大きめショルダーよりクラッチバッグをチョイス

大人女子は小物選びも適当にしません。大きめのショルダーは何でも入って楽なんですが、洗練された雰囲気はゼロ。できる女は荷物も最小限です。小さめのハンドバッグやクラッチバッグに変えるだけでグッと上品に見えること間違いなし。無難な黒や茶系も良いのですが、小型のバッグに差し色をいれるとおしゃれさんに見えます。

秋冬はカラーのトーンも渋くなりやすく、大人っぽい色を選ぼうとするとダークカラーに偏りがち。レースやシフォンなどの可愛くなりがちな素材はあえて渋めの色にし、セーターにはピンクやレッドなどの色を合わせることで大人可愛いコーデができます。今まで選ばなかった形や色も、他人から見ると「よく似合ってる」こともあるので冒険してみては。

writer:しゃけごはん

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP