体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

台湾旅行で食も満喫!台湾で人気の料理とおすすめグルメスポット8選

台湾旅行で食も満喫!台湾で人気の料理とおすすめグルメスポット8選
Photo credit: Masaki Takehara「台北で飯を食べるだけ」

Photo credit: Masaki Takehara「台北で飯を食べるだけ」

こんにちは。Compathy Magazineライターの斎藤ゆかです。
台湾は日本からのアクセスも良く、日本人の海外渡航先ランキングでも常に上位をしめる国。東京からわずか4時間で到着できる利便性と、自然・歴史を体感できる観光スポットが人気です。

そんな台湾は、リーズナブルなものから高級料理まで、たくさんの絶品グルメが集まる国としても知られています。定番の小籠包や火鍋をはじめ、まだまだ日本では気軽に味わえない料理などおすすめしたい台湾グルメはつきません!
今回は、長年地元の方からも愛される台湾料理とその料理を食べられるお店をご紹介します。

台湾料理の特徴とは:東京から4時間でここまで違う!?

東京から飛行機で4時間とアクセスも良い台湾ですが、距離的近さとは対照的に異なる食文化が根付いています。台湾料理は材料の素朴な味を活かした淡白な味付けが特徴で、小籠包や火鍋など中華料理から発展したグルメも人気です。
一方で台湾料理には醤油をベースに仕上げたレシピも多く、日本人が親しみやすい料理とも言えます。似ているようで異なるエキゾチックな魅力を持った台湾料理を味わうなら、ぜひ実際に現地を訪れてみるのが良いでしょう。

台湾の定番料理とおすすめのグルメ店8選

1.肉圓(バーワン):『千と千尋の神隠し』にも登場!?

Photo credit: Daisuke Yamazaki「台南のローカルフード」

Photo credit: Daisuke Yamazaki「台南のローカルフード」

肉圓(バーワン)」とは、台湾を代表する肉料理の1つ。豚肉、椎茸、タケノコなどの具をさつまいものデンプンを用いた皮で包み、油で揚げて仕上げた一品です。
半透明に仕上がった団子状の生地には、甘辛いタレがかけられ、モチモチとした不思議な食感が特徴。またジブリ映画の『千と千尋の神隠し』の冒頭シーンで主人公、千尋の父親が美味しそうにほおばっていたのがこの肉圓なのでは?との説もあり、日本人観光客の間でも話題になっているグルメですね。

台中肉員
「台中肉員」は、創業80年を迎える台中で最も有名な肉圓の老舗。メニューは肉圓を含め、はるさめスープ(米粉湯)、魚団子(魚丸湯)スープの3つだけですが、肉員40元、スープはそれぞれ30元と、リーズナブルな価格で台湾の伝統的な味が楽しめます。
台中を訪れる際は、ぜひ足を運んでいただきたいグルメスポットの1つです。

台中肉員(タイチュウロウユェン)
住所:台中市南区復興路三段529號
電話番号:0422207138
営業時間:11:00~20:30(売り切れ次第終了)
アクセス:台湾鉄道「台中」駅から徒歩5分

 

2.火鍋:食べ放題コースなどのメニューがある店舗も

By Hawyih (自己拍摄) [Public domain], via Wikimedia Commons

By Hawyih (自己拍摄) [Public domain], via Wikimedia Commons

1 2 3 4次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。