体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

話題の「逆算手帳」開発者に聞く、夢や目標が必ず達成できる手帳の使い方

逆算手帳
あなたは10年後の2026年、どうなっていたいですか?
「手帳にはまず、ワクワクする未来を書こう!」

そう語るのは、いま話題の「逆算手帳」開発者、コボリジュンコさんです。
※ http://www.gyakusan.net/

一方、多くの人は手帳に、
・バイトの予定
・遊びの約束
・テストの日程
のように「スケジュール」しか書いていないかもしれません。

あなたはもう来年の手帳を買いましたか?
既に何か書きましたか?
コボリさんに今回、夢を叶える手帳の活用法についてお話を伺いました。
 

みんなが未来から逆算して計画を立てていないことに驚いた

a15982960b6c478e955a4f977ee3a332
——『逆算手帳』が大人気ですね。開発したキッカケを教えてください。

コボリジュンコ(以下、コボリ) 『あなたの夢を叶える「100年日記」』という本を出版し、関連セミナーを開催していました。『100年日記』は、夢を叶えるための日記の活用法なんですね。夢がなければ、夢は叶えられないじゃないですか。「いつまでに、こういうことを実現したい!」ということを書きましょう!とオススメしているんです。

14962832_1155046077875107_1340817372_n
コボリ ところが、皆さん「5年後の自分がどうなりたいか」をなかなか書けないんです。ビックリしました。

何で書けないのだろう?と考えたら、普通の手帳って1年単位だから、計画は長くても1年分しか考えないんですよね。だから5年後、10年後どうなっているかなんて、皆さんあまり考えない。
だったら、未来のことを考えて、そこから逆算して計画を立てる手帳があれば、皆さんもできるんじゃないか。そう考えて作ったのが『逆算手帳』です。

手帳にはまず、ワクワクする未来を書こう

14923045_1155046574541724_926068697_o
——なるほど。まず未来を描き、そこから今なにをすべきかを考えるのが良いのですね。

コボリ 人生のビジョンを見える化する、それが大事なんです。
私は120歳まで生きるつもりなので、パソコンに「120歳にこうなっている」というのを入力してあるんですよ(笑)。

ここが目指すところ!というのを常に忘れないようにするために、手帳に書いて持ち歩く。目標とかゴールっていうと、何か辛いものとか苦しい感じがするのですが、そうじゃなくて見るたびにニヤニヤしちゃうような、本当にワクワクするような夢を、まず手帳に書くんです。ワクワクする未来を、常に持ち歩けるようにするんです。

実現できるか分からないくらい大きな「こうなりたい!」を描こう

14915029_1155046034541778_859905415_n
——面白いですね。でも自分の未来って、そんな簡単に思いつかない人も多いのでは?

1 2 3次のページ
タウンワークマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。