ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【ビルボード】『ラブライブ!』Aqours新曲がアニメチャート首位に SPYAIRは3位でRADWIMPS超えならず

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
【ビルボード】『ラブライブ!』Aqours新曲がアニメチャート首位に SPYAIRは3位でRADWIMPS超えならず

 11曲が初登場となった今週のビルボード・アニメチャート。猛威を振るうRADWIMPS「前前前世」を押さえ、今週初登場1位となったのは『ラブライブ!』シリーズ発のアイドルグループ、Aqoursによる挿入歌「想いよひとつになれ」だ。

 渡辺曜(CV:斉藤朱夏)、津島善子(CV:小林愛香)、国木田花丸(CV:高槻かな子)、小原鞠莉(CV:鈴木愛奈)、黒澤ルビィ(CV:降幡愛)、高海千歌(CV:伊波杏樹)、松浦果南(CV:諏訪ななか)、黒澤ダイヤ(CV:小宮有紗)が歌を担当する同曲は、CDセールス 1位、デジタル・セールス 5位、ルックアップ 1位、Twitter 1位と盤石のポイント構成。購買指標で高ポイントを記録、フィジカル指標を順当に伸ばした上で、デジタルの後押しも活かした。対して『アイドルマスター ミリオンライブ!』関連曲の「赤い世界が消える頃」は、CDセールス 2位と健闘したにも関わらず、他のポイントを伸ばせず、今週4位に留まった。実に対照的な結果と言えそうだ。

 RADWIMPS「前前前世」(映画『君の名は。』主題歌)は今週2位に。一時の勢いには陰りが見えるとは言え、CDセールスの後押しが無い状態でこの結果は十分に立派。4曲同時チャートインもキープしており、今後もチャートイン回数をどんどん積み上げて行くだろう。また、今週3位のSPYAIRはCDセールス前にも関わらず既に6週のチャートインを果たしていた注目曲だったが、11月9日発売のCDセールスの後押しをもう一歩活かせず、RADWIMPS超えを果たせなかった。とは言え、ラジオ 4位、デジタル・セールス 4位、Twitter 4位と、バランス良く裾の尾の広がりを感じさせるポイント構成となっており、今後の動向にも引き続き注目したい。

◎【JAPAN Hot Animation】トップ10
1位「想いよひとつになれ」渡辺曜(斉藤朱夏),津島善子(小林愛香),国木田花丸(高槻かな子),小原鞠莉(鈴木愛奈),黒澤ルビィ(降幡愛),高海千歌(伊波杏樹),松浦果南(諏訪ななか),黒澤ダイヤ(小宮有紗)
2位「前前前世」RADWIMPS
3位「RAGE OF DUST」SPYAIR
4位「赤い世界が消える頃」北上麗花(平山笑美),佐竹美奈子(大関英里),篠宮可憐(近藤唯),真壁瑞希(阿部里果),矢吹可奈(木戸衣吹)
5位「時ぞとも無し兼備の華よ」堀川国広(榎木淳弥),和泉守兼定(木村良平)
6位「Starry Wish」水瀬いのり
7位「なんでもないや」RADWIMPS
8位「LOVE & GAME」四葉環(KENN),逢坂壮五(阿部敦)&十龍之介(佐藤拓也)
9位「Flower」Lenny code fiction
10位「Visible Elf」愛島セシル(鳥海浩輔),天草シオン(山下大輝)

関連記事リンク(外部サイト)

11月21日付 Billboard JAPAN HOT Animation
アニソンとジャズの華麗なる融合 プラチナ・ジャズ・オーケストラの東京公演をレポート
GARNiDELiA メイリア(vo)プロデュースの新アルバム・ジャケ写&「Cry」MV公開

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。