ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

現代の『水戸黄門』!? 『ドクターX』人気の秘訣は…

DATE:
  • ガジェット通信を≫


女優の米倉涼子が主演を務めるドラマ『ドクターX~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日系)が好調だ。初回の平均視聴率は20.4%で、民放連続ドラマで今年初の20%超えを記録(ビデオリサーチ調べ、関東地区 以下同)。第3話は日本シリーズの生中継が延長したにもかかわらず24.3%、その後も20%超えをキープしている。

【もっと大きな画像や図表を見る】

天才外科医・大門美知子が欲にまみれる病院組織にメスをいれる医療サスペンスドラマで、今季で第4シリーズに突入。その人気の秘訣は、一話完結型で見やすいということに加え、「私、失敗しないので」という痛快な決め台詞とともに活躍する大門の姿だ。ツイッターでは、

「最後、痛快な気持ちで見終わる事が約束されてて、安心してみていられる(笑
ドクターXの視聴率が良いのって水戸黄門に通じるところがあるよなと思ってる」

と、一話完結の勧善懲悪時代劇『水戸黄門』を彷彿とさせるという声も少なくない。

さらに、脇を固める西田敏行、伊東四朗、古田新太、遠藤憲一、生瀬勝久、勝村政信、鈴木浩介といった豪華キャストたちが繰り広げる「適度なコメディ感」も高視聴率の要因のようで、

「レギュラー陣のオペが完全にホームコメディなんですが何この癒し空間。」
「ドクターXはなんだかんだ言いつつ全員キャラクターがコメディだよなぁ」

というツイートのほか、キャスト同士の会話や表情に、

「加地医師(※勝村政信)と原医師(※鈴木浩介)が揃ってるとマジ安心するわー。ほのぼのしてて」
「加地きゅんと原きゅん二人の会話見てるとほのぼのする~癒し」
「海老名(※同 遠藤憲一)さんの笑顔、すごく癒される……」
「エビちゃんは癒しの天使」
「ドクターXの癒し~海老名先生~笑顔がかわいい~」

など、「癒される」という声も少なくない。

シビアになりがちな医療ドラマに、軽妙なやりとりを交えつつ、最後はうまくいくという“安心感”に魅了される人が多いようだ。
(花賀 太)

(R25編集部)

現代の『水戸黄門』!? 『ドクターX』人気の秘訣は…はコチラ

※コラムの内容は、R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

『チューボー』終了「女子アナ出ず」が原因?の声多数
SMAPファンが「紅白に出場しないで」と願うワケとは?
過去10年「引退がショックだった」野球選手 TOP10
1位は『ドクターX』大門未知子!診てほしい女医TOP10
『ドクターX』の秘書で話題! 田中道子「年上男性が好き」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。