ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アップローダーを安全に使うセキュリティ対策

DATE:
  • ガジェット通信を≫

アップローダー上には数多くの広告が表示され、悪質なものも少なくありません。クリックすると思わぬ被害に発展しかねないので、安全に使うためには事前のセキュリティ対策をしておくのが鉄則です。アップローダーを安全に使うセキュリティ対策を紹介しましょう。

アップローダーの邪魔な広告が消える

アップローダーにアクセスすると、大量の広告が現れて作業を邪魔します。アップローダとは関係のない広告が次々と出現して、ダウンロードリンクを隠してしまうほどです。

1つ1つ対処するのは面倒なので、ブラウザに広告ブロック機能「AdBlock」を追加して非表示にしましょう。AdBlockは、ChromeとFirefoxに対応する広告ブロック機能です。

AdBlockは「Chromeウェブストア」「Add-ons for Firefox」で入手できます。あらかじめアドオンをインストールしておきましょう。導入すると邪魔な広告が消えて、ダウンロードリンクをすぐに見つけられるでしょう。

アップローダーでマルウェアに感染

ただ、これだけでは万全ではありません。防ぎきれなかったアップローダーのポップアップなどから、マルウェアに感染することがあります。なかには「ウイルスに感染している」などの不安を煽るメッセージが表示。マルウェアをインストールさせようとする、悪質なポップアップも存在します。

このような悪意のあるプログラムは「AdwCleaner」で大抵削除が可能。併せて利用しましょう。AdwCleanerは、マルウェアの削除に特化したソフト。ダウンロードサイトから入手できます。

AdwCleaner起動したら「スキャン」をクリック。すると、マルウェアと考えられる不審なプログラムが表示されます。チェックして「削除」から消去しましょう。削除する項目にチェックすればマルウェアを一括削除できます。

関連記事リンク(外部サイト)

ニコニコ動画をアカウントなしで視聴する方法
Amazon Fire TVの機能を強制的に拡張する方法
KODIをAmazon Fire TVにインストールする方法
動画をダウンロードする際のボーダーラインとは
アキバで品切れ続出!Androidテレビ端末が大人気

カテゴリー : エンタメ タグ :
ラジオライフ.comの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP