ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

次世代ガールズバンドプロジェクト『BanG Dream!』よりPoppin’ Party カバー&アコースティック&新曲披露! 充実の2nd単独公演レポ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

次世代ガールズバンドプロジェクト『BanG Dream!』よりPoppin’ Party カバー&アコースティック&新曲披露! 充実の2nd単独公演レポ

 次世代ガールズバンドプロジェクト『BanG Dream!』(通称、バンドリ!)より結成されたバンド形式の声優ユニット・Poppin’ Party(ポッピン パーティー)が、11月13日 TOKYO DOME CITY HALLにて【BanG Dream! Second☆LIVE Starrin’PARTY 2016!】を開催した。

Poppin’ Party キュートなライブ写真

<バンドリ!? ポピパ? アニサマ出演/海外進出までしている声優ガールズバンド>

 『BanG Dream!』とは、コミック、楽曲、ゲームなど多方面に展開するメディアミックスプロジェクト。来年1月からはTVアニメ放送も決定し、いま注目を集めている。そのプロジェクトより、5人の女子高校生たちがバンド活動を通じ、輝ける場所をさがしていくストーリーを追いかける形で声優の愛美(vo&g,戸山香澄役)、大塚紗英(g,花園たえ役)、西本りみ(b,牛込りみ役)、伊藤彩沙(key,市ヶ谷有咲役)、大橋彩香(dr,山吹沙綾役)からなるPoppin’ Partyは誕生した。

 2015年から活動をスタートさせたPoppin’ Partyは、同年12月に開催された【ブシロードライブ2015】で三森すずこ、徳井青空らが在籍するミルキィホームズと同じステージに立ち、また今年4月には品川ステラボールにてワンマン、夏にはシンガポールでのイベント出演で初の海外進出を果たし、さらに世界最高峰のアニソンイベント【Animelo Summer Live】へも出演するなど、その勢いは止まることを知らない。そして今回、今年2回目となるワンマンライブをTOKYO DOME CITY HALLで開催した。

<「ポピパ! ピポパ!……」お決まりの掛け声で開幕! 「Crow Song」などカバー曲も披露>

 開演のベルが鳴り、今年2月にリリースした1stシングル『Yes! BanG Dream!』のジャケット衣装になった水色の制服を着たメンバーが登場し、ライブ前の様子をコミカルに描いたストーリーの生アフレコからスタート。コール&レスポンスの練習も織り交ぜ「いまお客さんの声が聞こえた気がする……」と笑いを誘い、「ぽっぴん’しゃっふる」の掛け声でライブは幕を開けた。

 結成から間もない彼女たちだが、これまでの精力的な活動により培ったライブパフォーマンスは圧巻で、大塚紗英は元気よく飛び跳ねながらギターをかき鳴らし、愛美と西本りみは背中を預けながらのプレイ、大橋彩香は笑顔をみせつつもリズムを刻み、伊藤彩沙は手を掲げオーディエンスを指揮するなど、それぞれのキュートさが伝わってくる。単なる声優ユニットではないのだと言わんばかりのステージングに魅了されてしまうのだった。

 チケット一般販売開始後、即SOLD OUTとなったこの日のライブは、ライブビューイングも実施されていた。そこで各会場に駆けつけたファンたちに向け、改めてご挨拶。そして自己紹介を挟み、ライブはカバーコーナーへ。ここではメンバーそれぞれがメインで歌うカバー楽曲を披露。まずは伊藤彩沙、大橋彩香による「Crow Song」、続いて大塚紗英、西本りみによる「ふわふわ時間」と大人気アニソンのパフォーマンスに会場の熱は急上昇していく。また、「オリオンをなぞる」「ETERNAL BLAZE」では、愛美がバンドのメインボーカルに恥じないキレのある歌唱や、ぶれないファルセットで高音を響かせ、大橋彩香とのハモリも美しく披露していた。

<“ずっと…歌い続けられますように”星に願いを唱えてアコースティックライブ披露>

 一旦メンバーがハケると、これまでのバンド活動を映像とともに振り返るVTRが流された。いまのバンドになるまでの苦労や困難が共有され、心が熱くなる。またも開演のベルでメンバー5人が登場すると、後半戦も生アフレコからスタートさせた。12月7日発売の3rdシングルのジャケットにもなっているベージュの冬服に衣替えし、流れる星に願いを唱える。「みんなでずっと一緒に、夢に向かって走り続けられますように。歌い続けられますように。」そして、この温かな雰囲気が漂う会場にぴったりなアコースティック・コーナーを実施。エレアコ、鍵盤ハーモニカ、鈴とウィンドチャイム、フレッドレスベースと楽器を持ち替え、優しい音色を響かせる。このときだけは、一緒になって熱くライブを盛り上げるファンたちもシッティングでご静聴。ここでも愛美と大橋彩香は歌声を重ね「なんか息を合わせる感じがいい」(大橋)と和やかにライブを進めていった。

<新曲「1000回潤んだ空」初披露! 来年のビッグイベント出演も発表>

 その後、メンバーも楽器を持ち替え、5人それぞれの歌い分けがある「走り始めたばかりのキミに」、クールなロックチューン「ティアドロップス」と新シングル収録曲を披露。強い意志をそれぞれ演奏だけでなく、歌声にものせて伝えていく。そして、“BanG Dream!”で撃ち抜くポーズがカッコいい「Yes! BanG_Dream!」で本編を締めくくった。

 大きなアンコールの声援を受け、Poppin’ Partyは2ndシングル『STAR BEAT!~ホシノコドウ~』の衣装に着替え再び登場し、「ひとりひとりに握手して回りたいくらい」と感謝を伝える。するとここで“歌詞が素敵な歌”と新曲「1000回潤んだ空」を初披露。詞がスクリーンに映し出され、その言葉が生歌とともに胸を突き、目頭が熱くなる。生半可なものじゃない彼女たちの努力や、夢見る未来を実現させようと信じる気持ちが皆へと伝わっていく光景が広がった。さらに「最後の曲も心を込めて演奏します」と、「STAR BEAT!~ホシノコドウ~」でライブの幕を閉じた。

 楽器に触れ、ライブの楽しさを知っていく少女たちが、ライブで楽しさを与え、嬉しさを共有する。これはいつか“大きな舞台も夢じゃない!”と感じさせる圧巻のPoppin’ Partyの2ndワンマンライブだった。またこの日、12月7日発売の3rdシングル発売記念イベントの開催や、来年春に開催される【ブシロード10周年ライブ in 横浜アリーナ(仮)】への出演も発表。今後の彼女たちの活躍からも、目が離せない。

(c)BanG Dream! Preject

◎【BanG Dream! Second☆LIVE Starrin’PARTY 2016!】
11月13日(日)TOKYO DOME CITY HOLE セットリスト
01.ぽっぴん’しゃっふる
02.夏空 SUN! SUN! SEVEN!
03.Crow Song(TVアニメ『Angel Beats!』挿入歌)
04.ふわふわ時間(TVアニメ『けいおん!』劇中歌)
05.オリオンをなぞる(TVアニメ『TIGER&BUNNY』前期OPテーマ)
06.ETERNAL BLAZE(TVアニメ『魔法少女リリカルなのはA’s』OPテーマ)
07.ぽっぴん’しゃっふる(アコースティックVer.)
08.STER BEAT!~ホシノコドウ~(アコースティックVer.)
09.走り始めたばかりのキミに
10.ティアドロップス
11.Yes! BanG_Dream!
En1.1000回潤んだ空
En2.STAR BEAT!~ホシノコドウ~

◎シングル『走り始めたばかりのキミに / ティアドロップス』
2016/12/7 RELEASE
[Blu-ray付生産限定盤] BRMM-10055 3,500円(tax out)
[通常盤] BRMM-10056 1,300円(tax out)
<リリースイベント>
2016年12月17日(土)14:30~ 大阪市内・某所 / 19:30~ 名古屋市内・某所
2016年12月18日(日)12:30~ 名古屋市内・某所 / 17:30~ 大阪市内・某所

◎【「BanG Dream!」プロジェクト発表会】
12月7日(水)18:30~ 池袋サンシャインシティ噴水広場

◎【BanG Dream! 3rd LIVE】
2017年2月5日(日)TOKYO DOME CITY HALL
※チケット先行抽選申込券が3rdシングル初回製造分に封入される

◎【ブシロード10周年ライブ in 横浜アリーナ(仮)】
2017年4月30日(日)横浜アリーナ
出演:ミルキィホームズ、Poppin’ Party ほか
※チケットの販売方法などの詳細は、追って公式HPなどで発表いたします。
<開催記念特番情報>
TOKYO MXにて【ブシロード10周年ライブ】開催を祝した特番の二夜連続放送が決定
放送日時:2016年12月3日(土)19:00~20:00 / 4日(日)20:00~20:55

取材:古川泰佑

関連記事リンク(外部サイト)

気になるガールズバンド・Poppin’Party 人気は本物! 2ndワンマンのチケット一般は即SOLD OUT
藍井エイル 5年間の「ありがとう」……活動休止前ラストの武道館ライブで輝く涙と「ツナガルオモイ」
“歌うま声優”として話題のMachico “胸キュン台詞”もお手の物!? 可愛い笑顔が炸裂したリリイベ・レポート

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。