ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【米ビルボード・アルバム・チャート】ボン・ジョヴィが6作目の1位、アリシアやザ・チェインスモーカーズの新作がTOP10初登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

【米ビルボード・アルバム・チャート】ボン・ジョヴィが6作目の1位、アリシアやザ・チェインスモーカーズの新作がTOP10初登場

 3年ぶりとなるボン・ジョヴィの新作『ディス・ハウス・イズ・ノット・フォー・セール』が、129,000ユニットを獲得してNo.1デビューを果たした、今週の米ビルボード・アルバム・チャート。

 2位以下と大きく差をつけ、堂々のNo.1デビューを飾った、ボン・ジョヴィ。本作『ディス・ハウス・イズ・ノット・フォー・セール』は、自身14作目のスタジオ・アルバムで、2007年リリースの『ロスト・ハイウェイ』から4作連続、通算6作目のNo.1獲得、1986年の3rdアルバム『ワイルド・イン・ザ・ストリーツ』からは、11作連続のTOP10入りとなった。

 今年6月には、米大統領候補であった、ヒラリー・クリントンのため選挙遊説に加わり、資金集めイベントに参加したり、米大統領選投票日前日には、支援集会でライブ・パフォーマンスを披露したりと、ヒラリー氏の選挙活動による露出が多かったことも、本作のヒットに繋がったのではないかと思われる。

 2位には、R&Bシンガー、アリシア・キーズの新作『ヒアー』が、5万枚を獲得して初登場。前作『ガール・オン・ファイア』(2012年)から、4年ぶり、通算6作目となるスタジオ・アルバムで、人気ラッパー、エイサップ・ロッキーをゲストに迎えた先行シングル「ブレンデッド・ファミリー」や、ダンスホール調の「イン・コモン」など、完成度の高い楽曲が揃っているが、セールス的には、前5作から一気にダウンし、5作目となる首位獲得は逃す結果となった。

 先週の39位から3位へ、一気に上昇したのは、アニメ映画『トロールズ』のサウンドトラック盤。アメリカでは、11月4日に公開され、映画のスタートと共に、サントラ盤も売上を伸ばしたようだ。本作からは、声優を務めたジャスティン・ティンバーレイクの「キャント・ストップ・ザ・フィーリング!」がソング・チャートでNo.1に輝き、映画の公開を受けて、先週の22位から16位へ再浮上している。

 6位には、ザ・チェインスモーカーズのEP盤『コラージュ』が初登場。最高位3位をマークした、「ドント・レット・ミー・ダウン」や、12週間のソング・チャートNo.1を死守した「クローサー」など、大ヒット曲が収録されているが、本作の初動枚数は39,000枚。シングルの売上が、アルバムのセールスにさほど繋がらなかったように思える。

 7位に初登場したのは、ヒット曲満載の人気コンピ盤、『ナウ』シリーズの60作目。カルヴィン・ハリスとリアーナの「ディス・イズ・ホワット・ユー・ケイム・フォー」や、メーガン・トレイナーの「ミー・トゥ」、チャーリー・プースとセレーナ・ゴメスの「ウィ・ドント・トーク・エニモア」など、ソング・チャートでTOP10入りしたナンバーが、本作も目白押しだ。

 今週のソング・チャートで初の首位獲得となった、ラッパー、レイ・シュリマーの「ブラック・ビートルズ」のヒットを受け、アルバム『シュリムライフ2』も、先週の21位から5位へ、大きくランクアップを果たしている。

Text:本家一成

※関連リンク先の米ビルボード・チャートの掲載は、16日22時以降となります。

◎【Hot200】トップ10
1位『ディス・ハウス・イズ・ノット・フォー・セール』ボン・ジョヴィ
2位『ヒアー』アリシア・キーズ
3位『トロールズ』サウンドトラック
4位『ペンタトニックス・クリスマス』ペンタトニックス
5位『シュリムライフ2』レイ・シュリマー
6位『コラージュ』ザ・チェインスモーカーズ
7位『ナウ60』VA
8位『ヴューズ』ドレイク
9位『ハミルトン』サウンドトラック
10位『コズミック・ハレルヤ』ケニー・チェズニー

関連記事リンク(外部サイト)

11月26日付 The Billboard 200 全米アルバムチャート
11月26日付 Billboard HOT 100 全米ソングチャート
自身初の全米1位をマークしたレイ・シュリマー&敏腕プロデューサーが喜びを語る「想像できなかったし、夢にも思っていなかった」

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。