ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【米ビルボード・ソング・チャート】レイ・シュリマーが自身初のNo.1に、ピコ太郎がTOP100圏内に再浮上

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 12週間首位を死守した、ザ・チェインスモーカーズの「クローサー」を破り、レイ・シュリマーの「ブラック・ビートルズ」が新たなNo.1に輝いた、今週の米ビルボード・ソング・チャート。

 先週の9位から一気にジャンプアップし、自身初のNo.1獲得を果たした、ラップ・デュオ、レイ・シュリマーの新曲「ブラック・ビートルズ feat.グッチ・メイン」。今年8月にリリースされた、2作目となるスタジオ・アルバム『シュリムライフ2』からの3rdシングルで、同曲の大ヒットを受け、アルバムも先週の21位から5位へ、一気に上昇した。

 英国の大スター、ロック・バンドのビートルズと、自分たちを比較するという、ユニークな曲のテーマが、幅広い層に受けているようで、アビイ・ロードを再現したシーンも登場するミュージック・ビデオは、公開1か月で6500万視聴回数を記録。R&Bチャート、ラップ・チャートでもNo.1をマークした。

 また、全米で大流行している“マネキン・チャレンジ”を、この曲に乗せて、ビートルズのメンバーであるポール・マッカートニーがツイッターに投稿したことで、ストリーミング回数やデジタル・セールスが更に伸びている。おそらく、次週も2週目のNo.1獲得は間違いないだろう。

 11月18日にはブルーノ・マーズが、25日には、ザ・ウィークエンドが、それぞれ3作目となるアルバムをリリースするため、アルバムからの先行シングル「24K・カラット」(6位)、「スターボーイ」(3位)の上昇も期待できそうだ。

 14位には、音楽プロデューサーのゼイトーヴェンと共作したミックステープ『ビースト・モード・16』を間もなくリリースする、ラッパー、フューチャーの最新シングル「ユースト・トゥ・ディス」が初登場。ドレイクをゲストに迎えた、フューチャーらしい重めのヒップホップ・トラックで、「ラブ・ミー」(2013年9位)、「ジャンプマン」(2015年12位)に続く高順位でのデビューとなった。

 そのドレイクも、12月にリリースされる新作『モア・ライフ』からの先行シングル「フェイク・ラブ」が17位にランクインしている他、100位内6曲をチャートに送り込んでいる。32位の「ワン・ダンス」は、5月から10週間のNo.1を死守していて、2016年の年間チャート上位にランクインすることは間違いないだろう。

 10月29日付ソング・チャートで、初登場77位にデビューを果たし、大きな話題を呼んだ、ピコ太郎の「PPAP」が、ストリーミング(視聴回数)の上昇を受け、今週、82位に再びランクインを果たした。最高位である77位を上回るか、今後のチャート・アクションに期待したい。

 今週で、2016年のチャート集計(2015年12月初週~2016年11月最終週)が終わり、次週12月3日付ソング・チャートからは、2017年度のチャート区分となる。今年のチャートを制するのは、果たして誰になるのか?2016年の年間チャートは、12月2週に目あたりに発表される予定。

Text:本家一成

※関連リンク先の米ビルボード・チャートの掲載は、16日22時以降となります。

◎【Hot100】トップ10
1位「ブラック・ビートルズ」レイ・シュリマー feat.グッチ・メイン
2位「クローサー」ザ・チェインスモーカーズ feat.ホールジー
3位「スターボーイ」ザ・ウィークエンド feat.ダフト・パンク
4位「ヒーゼンズ」トゥエンティ・ワン・パイロッツ
5位「レット・ミー・ラブ・ユー」DJスネーク feat.ジャスティン・ビーバー
6位「24K・マジック」ブルーノ・マーズ
7位「サイド・トゥ・サイド」アリアナ・グランデ feat.ニッキー・ミナージュ
8位「ジュジュ・オン・ダット・ビート」ゼイ・ヒルフィガー&ゼイオン・マッコール
9位「ブロッコリー」D.R.A.M.
10位「ドント・ワナ・ノウ」マルーン5 feat.ケンドリック・ラマー

関連記事リンク(外部サイト)

11月26日付 Billboard HOT 100 全米ソングチャート
11月26日付 The Billboard 200 全米アルバムチャート
自身初の全米1位をマークしたレイ・シュリマー&敏腕プロデューサーが喜びを語る「想像できなかったし、夢にも思っていなかった」

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP