ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Fuki Commune、アグレッシヴなステージで魅せたワンマンライヴ『Fuki Fes. Vol.2』終演!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Fuki Communeのワンマンライヴ『Fuki Fes. Vol.2』が、11月13日に新宿ReNYにて開催された。

7月に開催されたファーストワンマンライヴ『Fuki Fes. Vol.1』の追加公演として行なわれた今回のライブは超満員。6月にリリースした1stアルバム『Welcome!』の曲順にとらわれず、ハードチューン「I’ll never let you down!」からスタートさせる選曲は、Fuki曰く“攻めのセットリスト”。随所でMCを挟みながらも圧倒的なハイトーンナンバー全21曲を予告通りアンコールなしのぶっ通しで歌い切るという超アグレッシヴなステージを披露した。

マイクを使わず大声でMCをする姿は、オーディエンスとの距離感を大切にするFukiならでは。『四女神オンライン』EDテーマ「ログアウトしないで!」や、ライヴ初演奏となった「Sword of DoomII」など、新旧織り交ぜたFukiの歌唱曲の数々を惜しみなく披露した。

また、ゲストにはBULL ZEICHEN 88のボーカリスト栄二郎が登場し、「カルマ」「KARAKURI TOWN」(DOLL$BOXX)の2曲をFukiとの絶妙なコラボで披露し会場を大いに盛り上げた。中盤ではFukiのわがままコーナーと題して、アニソンの名曲「ゆずれない願い」(アニメ『魔法騎士レイアース』のオープニングテーマ)、「Believe」(アニメ『ワンピース』2代目主題歌)、J-POP名曲「ロマンスの神様」を歌い上げ、会場のファンを大いに楽しませた。さらに、終盤に差し掛かるタイミングには前回の『Fuki Fes. Vol.1』でもオーディエンスを魅了したギタリスト若井望が再び参戦! 「No surrender」「Breaking the Fire」の2曲を披露し、その存在感と超絶テクニックに会場は終始圧倒されていた。

ファーストワンマンライヴを超越したアグレッシブなセットリストはもちろんのこと、超絶テクニックを惜しげもなく披露したバンドメンバーの演奏、Fukiの終盤まで途切れることのない伸びやかなハイトーンボイス、バラードからヘヴィーメタル、ポップスまで情緒豊かに歌い上げステージで躍動する姿は、オーディエンスを最後の最後まで楽しませた。

気になる今後のライヴについては、年内にマレーシア、イギリスでのイベントライブ出演が決定。そして2017年2月25日にはDOLL$BOXX×Gacharic Spin×Fuki Communeによる『WWフェイス』が東京TSUTAYA O-EASTにて開催される。現在チケット先行抽選受付のエントリーがスタートしており、ディスクガレージチケット販売サイト<GET TICKET>にて先行抽選受付(11月20日まで)を実施中。2017年もFuki Communeから目が離せない!

Photo by 當摩果奈絵

【セットリスト】
01.Welcome to my dream 〈OPENING_SE〉

02.I’ll never let you down!

03.Liberator

04.僕が生きる世界

05.狂い咲け雪月華

06.輝く夜へようこそ!

07.カルマ

08.KARAKURI TOWN

09.ゆずれない願い

10.Believe

11.ロマンスの神様

12.Sword of Doom II

13.月が満ちる前に

14.No Surrender

15.Breaking the Fire

16.朝な朝な

17.Liar(仮)※未発表曲

18.青い季節に

19.ログアウトしないで!

20.Strength

21.未来

22.Sail on my love

「WWフェイス」 DOLL$BOXX × Gacharic Spin × Fuki Commune
2017年2月25日(土) 東京 渋谷TSUTAYA O-EAST

出演:DOLL$BOXX/Gacharic Spin/Fuki Commune

■GET TICKET

http://www.getticket.jp/g?t=6vkgmkhy


カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP