ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

完売続出の医学雑誌 『月刊糖尿病』を読んだらスゴかった

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 出版不況が叫ばれるなか、「完売」続出の人気医学雑誌があるという。数ある疾患の中でも「糖尿病」だけに特化した、その名も『月刊糖尿病』だ。

 2009年創刊の同誌は、糖尿病医療の最先端を分かりやすく紹介するだけでなく、独創性豊かな特集で読者を惹きつけている。

〈我が国において記録に残る糖尿病認定第1号患者は藤原道長と考えられている〉

 これは『月刊糖尿病』の2015年9月号の〈日本の食生活の変遷と糖尿病〉と題する記事の書き出しだ。読み進めると、当時の権力者だった藤原道長の食生活が庶民とは違っていた可能性に言及している。

 また平安時代から終戦直後まで日本人の脂肪摂取量はエネルギー比の10%程度だったが、昭和30~40年代に食生活が変化して大きく上昇。それとともに糖尿病患者数も急増していく様子が表やグラフを駆使して解説されている。現代日本人の糖尿病を食生活から紐解くために、はるか1000年前の平安時代まで遡る探求心には脱帽するほかない。

『月刊糖尿病』(医学出版刊)は毎月20日発売、定価は2700円だ。最新号の2016年11月号では「糖尿病・うつ・睡眠障害による負のトライアングル」と銘打ち、〈血糖コントロールと睡眠障害との関係〉〈睡眠障害が糖代謝に与える影響とそのメカニズム〉などの特集が組まれている。

 堅いタイトルが並ぶなかに「むずむず脚症候群」という病名が目に付く。糖尿病の合併症の一つで、睡眠障害を引き起こすほど足がかゆくなるのだとか。『月刊糖尿病』の愛読者で、糖尿病専門医の泰江慎太郎氏が評する。

「糖尿病に関する情報を毎月特集する雑誌は他にないので重宝しています。特に、引用文献の出典やエビデンスをきちんと明記している点で信頼が置けます。糖尿病の専門家のみならず、すべての医療関係者に読んでもらいたい雑誌ですね」

 医学界からこれほどまで高く評価される同誌は、どのようにして作られているのか。版元の医学出版代表で同誌の編集発行人を務める村越勝弘氏に聞いた。

「おかげさまで多くの号が完売しています。社員の編集者は私を含めて4人で、専門的な部分の編集は大学で教鞭を揮う現役医師のみなさんにお願いしています。部数は非公表ですが増刷した号もあり、医学系専門誌として業界ナンバーワンを自負しています」

 たしかに、同誌の編集主幹や編集委員に名を連ねるのはいずれも日本糖尿病学会の理事を務めるなど日本の権威ばかり。同誌のターゲットは誰なのか。

「基本的には糖尿病専門医に向けて作っていますが、日進月歩で研究が進む糖尿病治療の最先端を知っておきたいという内科のドクターや、専門知識を得たいという看護師にも読んでいただいています。糖尿病患者など医学従事者でなくても読んでいただけるよう努めています」(村越氏)

◆糖尿病の権威が自ら執筆

 高齢化社会を迎え、糖尿病患者にもシニアが増えたことから2014年12月には「高齢者糖尿病」を特集している。認知症や骨粗鬆症からがん、果ては歯周病に至るまで、糖尿病との相関関係と対処法を順序立てて記述している。医療に詳しいジャーナリストの村上和巳氏がいう。

「『近年になり糖尿病が認知症発症の原因になりうることが明らかになった』とこの号で報じました。日々無数の、しかも英語で書かれた論文の全てを読むのは現実的に不可能。そんな中でこの記事に出会ったときには思わず膝を打ちました」

 同誌の功績はほかにもある。2016年10月号では〈進化する糖尿病治療!〉という特集で、新薬の「DPP─4阻害薬」などについての記事を掲載。通常、糖尿病治療薬は毎日服用しなければならないが、これは週に一度の服用で効果があるとして、注目を集めている。

「糖尿病の新薬は多いが、どういう症状の患者に、どの薬が合うのか判断は難しい。でも、この雑誌には臨床試験から関わった学会の権威が書いてくれているので参考になる」(同前)

 最先端の治療法や医学事情だけではない。同誌は糖尿病が発症する原因にも踏み込んでいく。

 肥満は糖尿病の大きな危険因子である。そこで、肥満を防ぐための手段として、胃を切除したり、小腸をバイパスして消化吸収を抑制したりする「肥満手術」という選択肢があることを紹介(2016年10月号)しているが、肥満に関する情報も豊富すぎて糖尿病専門誌であることを忘れてしまうほどだ。

 特筆すべきは、冒頭に紹介した藤原道長の記事が掲載されたのと同じ号にある〈在米日系人医学調査からみえてくる、食習慣の欧米化と肥満・糖尿病〉という特集である。

「生活習慣の欧米化」を議論するなら普通は日本の食生活の変化を追究するところだろう。しかし、同特集では「在米日系人の体型が3世代以上にわたってどう変化していったか」についてまで触れている。その結果、〈肥満を防ぐためには日本式の食習慣を身につけておくことはきわめて重要〉と結論づけた。

 大規模な調査結果が報告されたかと思えば、同じ号の最後の記事では「お惣菜」を徹底研究している。題して〈糖尿病食事療法における中食(弁当・惣菜)の活用〉。日本で外食産業やインスタント食品が普及した過程を論じたうえで、弁当や惣菜を買い、家で食べる「中食」という文化が根付いていく様子を、日本惣菜協会が発行する『惣菜白書』のデータをもとに述べていく。

〈2014年の惣菜白書によると、惣菜市場規模は、2003年の6兆9684億円から2012年は8兆5137億円、2013年(見込み)では8兆7142億円と、この10年で大きく拡大している〉

 と、惣菜市場の大きさに言及したうえで、

〈このように調理食品(中食)が伸びてきた促進要因としては、社会的動態変化として、2008年から人口減少社会に突入し、さらに有職主婦の増加、単身世帯の増加など、食生活を含めた家事代行サービスやミールソリューション(食事に関する問題解決)を必要とする社会基盤が広がっていることが大きいといわれている〉

 こちらも糖尿病専門誌とは思えない深淵な内容だ。一見糖尿病と関係ないように思えるところまで踏み込んでいるが、それが好調の秘密だと前出・村越氏が明かす。

「たとえば、糖尿病の合併症ともいわれる『歯周病』を特集した号は歯科医に、失明に至ることもある『糖尿病網膜症』を特集した号は眼科医が多く手に取ってくださったおかげで、完売、増刷に至っています。糖尿病に関連する、周辺の話題を拾っていくことで今後も部数を伸ばしていきたい」

 ベストセラー医学雑誌、恐れ入りました。

※週刊ポスト2016年11月25日号

【関連記事】
白米1日5膳以上の男性 3膳未満より糖尿病リスク1.16倍高い
糖尿病黄斑浮腫 働き盛りの視力障害原因病に新しい治療法登場
糖尿病 新治療薬は「糖排出」で学会推奨の食事療法と矛盾

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP