ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ネットが不安定なのはデバイスの増え過ぎが原因かも・・・・・・を解決する「世界初」のWi-Fiルーター「Portal」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

スマホにPC、タブレットと、デバイスの多様化とともに、家族がそれぞれWi-Fiを利用することが増えた昨今。今後はloT環境が進み、さまざまな家電がWi-Fiを利用できるようになることが予想されるが、それと同時に、さらなる家庭用Wi-Fiルーターの混雑による通信品質の低下という問題が懸念される。・・・・・・要するに、Wi-Fiルーターに同時にアクセスし過ぎて、ルーターの処理能力を超えてしまうのだ。

安定したWi-Fi環境を確保する、「世界初」のルーター

そんな現代のWi-Fi環境を改善するために作られたのが、Wi-Fiルーター「Portal」だ。「世界初のルーター」といわれる最大の特徴は、無線電波回線の混雑を避け、常に安定した高速のWi-Fiを広範囲に届けることができるという点。

そもそも無線LANの通信に使われる電波には、周波数の帯域があり、現在Wi-Fiが使える帯域は、2.4GHz帯と5GHz帯のふたつだけ。2.4GHzは、スマホやPCの通信はもちろん、BluetoothやloTの家電にも使われているため、すでに満員状態。一方、5GHz帯は比較的空いている帯域なので、こちらの方がサクサク通信できるという。しかし、5GHz帯には気象レーダーシステム専用のチャンネルがあり、スマホやPCもそのチャンネルを使用できるのだが、各種レーダーが作動した際に、すぐに使用を停止し、そのチャンネルを空けなければならないため、扱いにくく、空いているにも関わらず、あまり使用されていないのだとか。

そこに目をつけたPortalは、独自のスペクトラムターボチャージャー技術により、気象レーダーシステム専用のチャンネルの使用と同時に、レーザーを検知した場合、すぐに空いているチャンネルへの移動を可能にしている。このことで、従来のWi-Fiルーターと比較して、約5倍以上の無線電波へのアクセスを可能にし、都市部の家庭や集合住宅などの回線が混雑した状況でも、常にスムーズで快適なWi-Fi環境を提供できるのだ。

最大カバーエリア140坪!

ひとつのPortalで、約70坪(約231㎡)の範囲を完全にカバー。独自のメッシュ技術を使用して、ふたつのPortalを接続すれば、範囲を約60m拡大することも可能。最大で、約140坪(約463㎡)もの範囲を網羅することができる。

スマホとの連動は、Bluetoothによるペアリングで、簡単にセットアップ完了! 管理者から使用権を与えられれば、すぐに使用可能だ。さらに、管理者は特定のデバイスのWi-Fiの使用期間を設定することができるため、期間が過ぎると自動的に接続解除するといった制御も可能に。高度なセキュリティ対策もされているため、規模の大きなビジネスにおいても役立ちそうだ。

現在は一般発売されておらず、Portalを手に入れられるのはクラウドファンディング「GREEN FUNDING」で予約していた人のみだが、今後は日本での販売も可能性も。来るべきIoT環境の充実に向けて、その展開が期待される。

関連リンク

Portal

関連記事リンク(外部サイト)

【世界のサイバー事件簿 ⑤】夏の出張にご注意!! ホテルのフリーWi-Fiが危ない?
法人向け新モデル登場。MWC16に見るKDDI関連トピック
次世代通信システム「5G」で、私たちの生活はどう変わるの?

TIME & SPACEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP