体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

猫はこんなに飼いやすい!

ネコグラファーの前田悟志です。
前回の記事『そんなに…スコ飼いたいですか?』は、たくさんの方に読んでいただき本当にありがとうございます。Twitterでも15,000リツイートを超え、スコティッシュに対する皆さんの関心の高さがうかがえました。これからもテレビなどのメディアでは伝えない情報をお伝えできればと思います。

テレビと言えば、『今年ついに猫の飼育数が犬を超える』というニュースを見ました。コメンテーターの方が「猫ブームですね。一因に『猫は犬に比べて飼いやすい』ことが挙げられます」と自信満々に仰っておりました。

えーと…。
飼いやすさを犬と比較することも変ですし、そもそも猫は飼いやすいのか?と悶々と考えてしまいました。こういう情報に惑わされ、気軽な気持ちで猫を飼い、「聞いてた話と違う!」と猫を捨てる人が今後増えると思うのです。

というわけで。
メディアに対抗して、3匹の猫と暮らす経験を元に『猫の飼いにくさ』を私はご紹介したいと思います。
01

多分あのコメンテーターさんは猫を飼ったこと無いと思います。

1.旅行に行けなくなります。

最近では犬も泊まれるホテルというものがありますが、猫にはまずありません。「ペットホテルに預ければいいのでは?」と思われるかもしれませんが、そもそも緊急事態(親戚の冠婚葬祭など)以外でペットホテルに預けてまでどこかに行こうとは思わなくなります。

またペットホテルに預けて旅行に行っても、旅行先でふとした時に「あぁ、うちの子は今ごろ何をしているだろう?」と気になって旅行を楽しむことなんてできません。
旅行なんて諦めましょう(※注1)。

※編集部注1. あくまで筆者の猫愛によるものです。猫シッターさん環境のよい猫ホテルを利用するのも一手です。

 

2.トイレ掃除は大変です。

犬の場合、お散歩の際にトイレを済ませてくれることもあると思いますが(※注2)、猫の場合はそうも行きません。『飼っている猫の数+1』個のトイレを用意するのが理想と言われています。1日数回これを掃除する必要があります。

ちなみに一般的な『猫砂』は1袋7kgほどあります。重いです。(※注3)
これを多い時は毎週お店に買いに行くことになります。

そして、はっきり言って臭いです。酸っぱい臭さです(※注4)。
『糞尿の匂いを抑える餌』というものもありますが、どういう仕組で匂いを抑えるのか理解に苦しむので与えません。トイレ掃除が大変なことなんて諦めましょう。
(ちなみに猫の糞は人間用のトイレに流してはいけません。最悪詰まります ※注5)

※編集部注2 ワンちゃんのトイレはお家で済ませ、お散歩の時はマナーベルトを着用しましょう
※編集部注3 パルプでできた軽い製品もあります
※編集部注4 にゃんマガ編集部で使用している天然の猫砂はほとんど臭いが出ません。一度お越しください♪
※編集部注5 こちらは諸説あります。柔らかいウンチの猫さんなら特に問題はなさそうですね。
02

ちょっとひとやすみ、ひとやすみ。

3.飼育代は高いです。

1番ここが誤解されているようです。
何と比べて『猫の飼育費の方が安い。だから飼いやすい。』と報じられているのか理解に苦しむのですが…。
突発的に出費がかさむものをご紹介します(毎月かかる費用は紹介されているサイトがたくさんありますので)。

自宅が賃貸物件の場合、猫を飼う際には約1〜3カ月分の敷金が追加、さらに退去時償却になることが多いです。
「大丈夫!コッソリ飼えばいい!」とお思いの方、ご安心ください。引っ越す際に、猫が傷をつけた床や壁の修繕費で敷金1カ月分以上の請求がやってきます。正直に管理会社に申告した方が安心です。

1 2次のページ
にゃんこマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy