体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

1歳児連れの引っ越しは準備が肝心! 入居2日で片付けきるための事前&当日の動き方

f:id:akasuguedi:20161114161048j:plain f:id:akasuguedi:20161110121045p:plain

今では片付けのプロとして「引越しオーガナイザー」を名乗り、 引越し前後の整理収納サポートやコンサルティングのお仕事をさせていただいてますが、片付けに目覚めたのは6年前の1人目妊娠の時。 以前は汚部屋暮らしでした。

産後は汚部屋から脱却して快適な暮らしを送っていたのですが、 5年ぶりに2人目を出産することになりまして… 。

ここまで、「出産前準備」、「産後の家事効率をあげる秘訣」に、「増え続けるベビーグッズの管理方法」についてご紹介してきました。

今回は乳幼児連れの引越しについて。

お子さんの誕生に合わせて「そろそろ家を買おうかしら」と考え始めるご家庭も多いですよね。

我が家も、上の子が2歳になる前に分譲マンションを購入しました。

我が家の場合は入念な下調べとモデルルーム巡りで出会った家というより、たまたま覗いたモデルルームを夫が気に入り即決。鶴の一声で決まった新居への引越しでした。 関連記事:まるでサツキとメイの家!赤ちゃんを迎える準備の仕上げは、人生最大のお買い物 by 前川さなえ

購入から新居引越しまで2ヶ月半。

怒涛の日々の始まりです。

突然の新居購入。子どもが寝てる間にひたすら準備

当時の我が家は、私も引越し10回、夫も引越し10回。

新居への引越しがお互いにとって11回目の引越しで、初めての方に比べると引越しに慣れていたと言えるでしょう。

それでも、汚部屋出身の恐怖から、

「引越しに失敗してせっかくの新居が片付かないのは嫌だ」

と新居が片付けやすくなるために、ひたすら考え抜きました。

まず

・入居後、段ボールが何日も放置されることを防ぎたい

→ 開けてすぐに荷物を収められるよう、収納先を細かく決めておこう

f:id:akasuguedi:20161114155403j:plain

・希望通りの場所に家具が入らないのは避けたい

→ 部屋のサイズだけでなく入口や設置場所の天井までのサイズを測っておこう

手持ちの家具のサイズもチェックしておこう

f:id:akasuguedi:20161114155405j:plain

・せっかく梱包したのに何度も開け閉めするのは避けたい

→ 場当たり的に詰め始めるのはやめて、効率良い梱包手順を考えてから始めよう

家の奥、普段使わないところから荷造りしよう

・自分以外の家族にも荷ほどきを手伝ってほしい

→ 指示書をつくって自分も家族も何をどこに収めるか分かるようにしよう

f:id:akasuguedi:20161114155407j:plain
1 2次のページ
赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。