ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『LED電球スピーカー LSPX-103E2』192色カラーLEDとBluetoothスピーカーの2役で光と音のムード作り!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

居室だけでなく各部屋にも音楽を流したいと思ってはいても、配線や電源確保はけっこう面倒。そんな時に照明用の標準的な電球の口金さえあれば明るさと共に音楽を流すことができるのが『LED電球スピーカー LSPX-103E2』だ。

部屋中どの部屋でも音楽を楽しみたい、できれば面倒な配線なしで…を可能にするLED照明スピーカー

高価な製品ながら好調な売れ行きを見せているのがソニーの『LED電球スピーカー LSPX-103E2』(希望小売価格 税抜23,880円・2016年5月21日発売)。LED照明であってBluetooth接続でスマホやPCなどの音楽を鳴らせるスピーカーでもある不思議な商品。光と音の両方を提供してくれるという。これは大変気になるところ。どんな感じなのか、体験してみることにした。


箱を開けるとちょっとずっしりした感触のLED電球が現れる。実はこの「LED電球スピーカー」は今回が初登場ではない。すでに発売はされていて、今回の『LED電球スピーカー LSPX-103E2』はステレオ再生に対応というパワーアップを施して現れた新製品だ。2台購入となるとほぼ5万円台の出費になる。なかなか導入には勇気がいる価格帯だ。


このまま照明に電球としてつければ、そのまま光る。ただLEDならではの多色点灯が可能。このモデルは192色の色変更がリモコンを通じて可能になっている。実際に試してみるとなかなか192色を見分けることはできないのだが、実にきれい。また調光も32段階という微妙な調節が可能なので、常夜灯として活躍させることも可能だ。最高に明るくした場合は500ルーメンなので、40W相当の明かりとなる。


問題はやはりスピーカーとしての機能。接続はBluetooth。あらかじめスマホなどの音楽を再生した機器からペアリングの必要がある。1台の『LED電球スピーカー LSPX-103E2』をペアリングするのは実に簡単。またNFC対応のスマホを持っている人なら、NFC簡単接続アプリをインストールすると、リモコンにワンタッチさせるだけで接続が可能になっている。今回はやはりステレオ機能を試したかったので、2台借りての検証を試みた。


その時注意したいのは2台の『LED電球スピーカー LSPX-103E2』を接続する時。必ず1台だけをペアリングして、もう1台は切っておくこと。同時にそれぞれペアリングしてしまうと2台同時使用ができなくなる。必ず1台をペアリングした後、リモコンを使用して親機設定をして(左チャンネルになる)、それから親機に対して子機役の『LED電球スピーカー LSPX-103E2』を接続するという手順をとる。

通常はデフォルトでステレオ再生となる。違う部屋にそれぞれ1台ずつ設置する場合はモノラルで同じ音を流すダブルモードに設定することも可能だ。

 

機能を最大限に活用するために必要な2つのスマホ/iPhoneアプリ

音楽を鳴らすためには基本的に「SongPal」というソニー製オーディオ制御アプリを使用する。

 

「SongPal」


【Android】
【iPhone】

 

さらに「SongPal」を起動してメニューの「LED電球スピーカーアプリケーション」を選択するとさらに追加で同アプリのダウンロードを促されるので、それもインストール。「SongPal」のみでは音量調整と音質設定しかできないので、この「LED電球スピーカーアプリケーション」の導入は必須だ。

 

「LED電球スピーカーアプリケーション」


【Android】
【iPhone】

 

実際につけて鳴らしてみよう!

すると『LED電球スピーカー LSPX-103E2』の機能をフルに体験できることになる。例えば192色のカラー切り替えが可能になるし、明るさも調整でき、サウンドに合わせた色の変化などというクラブシーンに適したような機能まで使えることになる。

実際にやってみたが、家がいきなりクラブ化して非常に楽しい。リズム同期機能はちょっとした店舗などでも活躍できるのではないか。


スピーカーとしての音も実にクリア。構造的にさすがに重低音を響かせるわけにはいかないが、それなりにベースラインも聞こえるし、BGM用途としては充分である。スピーカーの位置を離せばはっきりとしたステレオ感も感じる。そこらへんはさすがソニーといったところ。


ゆったりとしたテンポの音楽に合わせてゆっくり照明が切り替わるように設定すれば、自宅のリビングもカフェのような雰囲気が楽しめる。これはおしゃれ空間の演出には最適。特にスピーカーの姿が見えないのに音が聞こえてくるという体験は、一度味わってみるとかなり不思議な雰囲気。

 

電源確保や機器設置がしにくい場所でも大活躍!


家の中で音楽を聴きたくなる場所といえばやはりトイレと浴室。とはいえ電源確保やスピーカーの設置などは実に面倒だし、浴室の場合は防水スピーカーの用意までしなくてはならないと思うと気が重くて導入を見送っている人も多いのではないか。


トイレや浴室に2つの照明があるなら別だが、新機能のステレオ化はできないのだけれど、照明の口金さえあれば設置してLED照明とスピーカーの両方の機能を実現できるのは非常に便利。記者も浴室使用は実に快適で、気に入った。


導入には敷居の高い価格設定だが、ライフスタイルが非常にスマートになるので、居心地の良い最高の空間の演出にはぜひ検討してみるべきだろう。

【仕様】
サイズ/重量:直径61 × 116mm/約198g
対応口金:E26
照明:広配光タイプ電球色/500ルーメン(一般電球40W相当)
使用スピーカー:直径約40mm(実用最大出力2W)
通信方式:Bluetooth標準規格ver4.1
使用周波数帯域:2.4GHz帯
対応コーデック:SBC、AAC
消費電力:約8.6 W(LED6.6+スピーカー2W)
付属品:リモコン(CR2032使用)

 


ソニー Bluetooth対応LED電球スピーカー(全光束:500lm)SONY LED電球スピーカー LSPX-103E26

 

関連記事リンク(外部サイト)

『hakuraの筆ペン』本物の筆を使っているかのように錯覚させる筆ペンを超えたスマホ/タブレット用タッチペン
『iPhone 6s/6s Plus』の購入を迷っている人必見! スマホマニアの記者が、1ヵ月間使い倒した結論は?
『SMART LAMP SPEAKER-plus』ソフトなシリコンフォルムの優しい明かりと音楽が流せるおしゃれランプ!
「Beats Pill+(ビーツ・ピルプラス)」スタジオ級重低音クオリティと多彩機能のBluetoothスピーカー!
『にゃんこ計』気温と湿度を声でお知らせ/熱中症・風邪警戒時ははしっぽの色が変化する!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
おためし新商品ナビの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP