ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

織田裕二&玉木宏のドラマ 「名前対決」という見方ある

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 秋ドラマもいよいよ佳境に突入している。日曜夜9時のドラマでは、織田裕二主演の『IQ246~華麗なる事件簿』(TBS系)、玉木宏主演の『キャリア~掟破りの警察署長』(フジテレビ系)が放送され、両者の対決に注目が集まったが、視聴率的には『IQ246』のほうに軍配が上がっている。しかし、視聴率だけで面白いかどうかを判断するのは早計だ。コラムニストのペリー荻野さんは、両ドラマの意外な見どころについて注目した。ペリーさんが解説する。

 * * *
 ドラマ好きを悩ます「日曜9時問題」。TBSでは織田裕二の『IQ246~華麗なる事件簿』、フジテレビでは玉木宏の『キャリア~掟破りの警察署長』がぶつかっているのである。

『IQ246』の主人公・法門寺沙羅駆(織田裕二)は長男のみに『IQ246』という異能が遺伝するやんごとなき貴族の末裔の末裔の末裔。法門寺家は、時の権力者から能力を恐れられ、800年も北鎌倉に封じられていた。沙羅駆は89代当主として豪華な屋敷で暮らしながら学究生活をしているのだが、「ああ、暇だ暇だ」と事件現場に現れては天才の頭脳活かし、完全犯罪の謎解きに挑むのだ。

 彼を補佐するのは、武芸に通じる第89代執事の顕正(ディーン・フジオカ)。さらに護衛係の刑事和藤奏子(土屋太鳳)がいやいやながら法門寺を手伝う羽目になる。
 
 一方、『キャリア』は、文字通り警察のエリートで通称キャリアと呼ばれる立場の遠山金志郎(玉木宏)が主人公。かつて父が勤務した町の警察署長として赴任した金志郎は、ノンキャリアの南係長(高島政宏)らと対立しながらも、町を少しでもよくしたいとしばしば制服を脱ぎ捨てて、落書きや人探しなど自ら小さな事件解決に乗り出す。

 織田裕二が「おわかりの通り、天才です」「ようやく退屈から抜け出せそうだ」と甲高い声とオーバーアクションで法門寺の変人ぶりを強調すれば、玉木宏は「どんな立場の人も人を傷つける権利はありません!」ときりりとした男っぷりでスカッとさせる。法門寺の決めセリフが「あー、醜い醜い醜い!この犯罪醜悪至極なり!!」なら、遠山は「この桜に誓って悪事は見逃しません!」ときっぱり。

 ふたつのドラマは、変人VS超常識人の対決といった構図だが、実はもうひとつの対決要素がある。それは「登場人物の名前対決」だ。いかにも当て字っぽい法門寺沙羅駆はシャーロック・ホームズ、和藤奏子は相棒のワトソンを思わせる。さらに第6話の犯人は千代能光一(成宮寛貴)で通称チョコ、被害者番田要(矢本悠馬)はバナナ。ふたりはチョコ&バナナというアートユニットを組んでいるという設定だった。

 それに対して、『キャリア』の遠山金志郎は江戸時代に実在した名奉行・遠山金四郎と文字違い。思いっきりわかりやすい“平成の遠山の金さん”なのである。江戸の金四郎は、北町奉行所の奉行を勤め、庶民の味方として親しまれたことで知られるが、なんといっても有名なのは「背中に桜吹雪の彫り物があった」という通説だ。東京の北町署署長の玉木金志郎が「この桜に誓って…」というのは、この通説にちなんだ言葉だ。

 第5話では、北町署にドラマ『暴れん坊刑事』で人気の俳優・小松平健介(新納慎也)が「1日署長」としてやってくる。裏で何人もの女性を泣かす小松平は、そのひとりに襲撃されて警察批判をするが、結局、他の相手に六股を暴露され、「夜も暴れん坊」などと報道されることになった。

 日曜夜にどこまで続くのか、名前対決。当て字、パロディ、文字違い。やるならあっと驚くところまで突き詰めてほしい。夜露四苦。

【関連記事】
秋ドラマの注目は変人ヒーロー 大型の刑事ドラマがズラリ
玉木宏 「いまだに子供の頃の夢が叶ったという感覚はない」
織田裕二主演の『IQ246』 繰り返し見て気づくネタ仕込む

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP