ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

もうむくまない!食事でつくる、むくみ知らずのスッキリ体質

DATE:
  • ガジェット通信を≫


食生活が乱れているときや食べ過ぎ・飲み過ぎの翌日などは、どうしてもむくんでしまいますよね。普段の食事を工夫することで、むくみを予防・改善することができます。健康のためにも、フェイスライン・ボディラインをシャープにするためにも心がけたい食事のコツをご紹介します。

塩分過多・水分不足がむくみを招く!?

生活習慣や食事の乱れが原因でむくんでいるときは、水分代謝が弱まっているサイン。腎臓が疲弊し、機能が低下している可能性があります。

食生活でまず気をつけたいことは、塩分の過剰摂取を防ぐこと。女性の1日の塩分摂取量の目安は7.5g未満と言われていますが、外食や加工食品を食べる機会が多い場合や、濃い味付けを好んで食べることが多い人は、大幅にオーバーして摂取してしまいがち。塩分濃度を薄めるために水分を体内に溜め込んでしまいます。

あっさり薄味でスッキリスリムに

普段の食事で塩・こしょうや醤油などで濃く味付けをしている場合は、出汁やハーブ、スパイスなどを上手に活用して、素材の味を生かした薄味を心がけましょう。特に出汁をしっかり効かせると、美味しく減塩ができるのでおすすめです。

ファーストフードやラーメン、うどん、そば、清涼飲料水などはなるべく避け、素材の味を楽しみましょう。

肌トラブルの改善・ダイエット効果も!

減塩を心がけると、むくみが予防・改善できるだけでなく、体内のはたらきが活性化。肌のターンオーバーがスムーズになり、シミ・シワを防ぎやすくなります。また、内臓への負担が軽減されることで、エネルギー代謝がスムーズに。やせやすい体質に整えることができます。

むくみ知らずになれるだけでなく、より健康的でスリムな若々しい状態に整えることが可能。ぜひ、毎日の食事を見直してみてくださいね。

Photo by fotolia

関連記事リンク(外部サイト)

手荒れは老け見え!スペシャルケアで乾燥知らずのしっとり指先に♡
月の満ち欠けと女性の体・過ごし方【新月~上弦の月編】
【紅たき占星】あなたのフェロモン度がわかる心理テスト
ゼッタイ結婚してくれない!?別れを決断すべき男の「断り方」
運動初心者さんにもおすすめ!基礎代謝がアップする体幹ストレッチ3つ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
美LAB.の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP