ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

東京・御岳渓谷の紅葉が絶景すぎて、無我夢中でシャッターを切ってきました。

DATE:
  • ガジェット通信を≫

東京で見られる、紅葉のライトアップをご存じですか? 今回は御岳渓谷の大銀杏のライトアップと、紅葉の様子をご紹介します!

今回は玉堂美術館からまわる30分のコース

▲駅からの眺め。ホームに降りてすぐ、紅葉が出迎えてくれます。ライトアップは17時から21時なので、開始まで遊歩道を散策しました。御岳渓谷は中心に多摩川が流れ、その両岸に川に沿って遊歩道があるので、散策することができます。御岳駅から玉堂美術館まで約3分、そこから御岳小橋まで約3分、御岳小橋から杣の小橋まで約15分、杣の小橋から御岳橋まで約10分、合計で約30分のコースです。周辺地図やパンフレットを入手して駅を出ると、正面に御岳橋があります。玉堂美術館へはこの橋を渡った先から行くことができます。御岳橋の上からの眺め。橋の下には多摩川の清流が流れ、とても美しい風景を眺めることができます!紅葉が見頃に入ってきていて、息をのむような美しさでした。川の流れも美しかったです。この日は日が出ていたこともあり、山間部でも暖かかったです。これは橋を渡る前にある、橋の右側にある遊歩道へ降りていく小道の入口です。橋を渡らなくても、多摩川へ降りていく小道が何か所かあるので、いろんな道から川まで降りていくことができます。橋を渡ってすぐ左に、玉堂美術館に降りていく小道がありました!なかなかの傾斜なので、ゆっくりと降りていきます。階段を降り終えると、普段は見ることのできない、こんな大きな岩がありました。自然を感じさせます。玉堂美術館到着。ここでは、入園料大人500円で日本画を鑑賞することができます。そして美術館の前に、大銀杏があります。大きくて圧倒的な存在感でした。葉がだいぶ黄色に色づいていましたが、まだ緑も残っていたので、これからが見頃のようです!美術館の隣には喫茶や軽食ができるお休みどころ「いもうとや」があります。多摩川の清流に面しているので、きれいな風景を眺めながら食事をすることができます。

美しい紅葉に癒される

玉堂美術館を後にして、御岳小橋を渡り、対岸に向かいます。▲御岳小橋の入口前にあった案内看板。こちらでコースを確認することができます。こちらが御岳橋です。御岳小橋からの眺め。奥に見えるのが、先ほど渡った御岳橋です。

▲御岳小橋を渡り終えたところの遊歩道

遊歩道は紅葉がとても美しかったです。日の光を浴びて赤やオレンジや金色に輝いていて、この世のものとは思えない美しさでした。気が付いたら夢中でシャッターを切っていて、隣で同じように写真を撮っていたおじちゃんと仲良くなりました……。

▲すすきも金色に輝いていて、紅葉の赤色とのコントラストがきれいでした。▲御岳橋へ向かう歩道。ここも真っ赤が紅葉がきれいでした。対岸から見た、昼間の大銀杏。対岸からみるとその大きさがより一層実感できます。遊歩道の紅葉。上を眺めても紅葉が覆うようにしてあり、きれいでした。紅葉と多摩川の清流。コントラストが美しかったです。御岳橋の下まで来ました。御岳橋の下付近も、黄色や赤の葉が混ざり合うように生えていて、とても美しかったです。御岳橋の下を通って、鳥の声と清流の流れを聞きながら、歩き続けます。景色が美しいので、歩くだけでもとても癒されます。奥に杣の小橋が見えてきました。対岸の紅葉の並木も美しかったです。これが杣の小橋です。見た目よりも幅が狭くて結構揺れたので、少し怖かったです。でも橋の上から渓谷を見下ろした風景はとてもきれいでした!橋を渡って対岸に行き、再び御岳橋方向へ歩きます。この木道は濡れていると滑りそうになるので、気を付けてください!対岸からは違った風景が見えるので、飽きません。さらに遊歩道を進んでいきます。御岳橋付近になると、こんな石階段が現れました。苔むした雰囲気がいい味を出していて、千と千尋の世界を思い出しました。石階段を降りると、川辺に行くことができます。清流が場所によってエメラルドグリーンに見えるところがあって、紅葉とのコントラストが最高に美しかったです。どこを見てもとても美しい眺めで、ただ清流の流れる音と鳥の声だけが聞こえ、歩いているだけでとてもリフレッシュできました。

カフェや食事処も多数あり

写真を撮りながら歩いていたら2時間以上が経っていたので、疲れてライトアップの時間まで休憩。御岳渓谷には食事処やカフェも7件ほどあって、充実しています。お蕎麦のお店が多いのですが、今回は食事も甘いものも食べたかったので、御嶽駅から約3分の「やお九」というごはん処に行きました。もともとは一軒家だったようで、入口はまるで隠れ家への通路のようでした。わくわくする!

店内も本当に普通の家のようで、こぢんまりとしていて、実家に帰ってきたような雰囲気でした。とても落ち着けました。先ほどまで見ていた紅葉と清流を眼下に眺めながら、食事をすることができます。今回は先客がいたので利用できませんでしたが、寒くならない日が当たる日中なら、テラス席を断固おすすめします!メニューはだんご汁(すいとんのようなもの)がメインで、野菜がたっぷり入った体にやさしい料理が中心でした。写真はだんご汁セットで、小鉢が4品と、写真には写っていませんがコシヒカリのごはんも付いていました。お値段も団子汁単品は800円〜1,000円程度、デザートか飲み物付きのセットだと1,200円〜1,400円程度と良心的です。セットのミニあんみつ。デザートも店主こだわりのあんみつやおしるこ、白玉だんごやわらびもちなど、たくさん和のスイーツがありました。おばさんが台所でつくりたてを運んできてくれて、本当に実家に帰ってきたみたいでした。お味も野菜たっぷりで、ゆずの風味が効いていて、だんごももっちもちでたっぷりと入っていて、とてもおいしかったです。ほっとゆずもおいしかったです。

ライトアップは、荘厳な姿が浮かび上がる

17時をまわり、ライトアップを見に大銀杏まで戻りました。御岳橋は渡らず、手前の小道から遊歩道へ降り、対岸から大銀杏を眺めてから、御岳小橋を渡り、近くでライトアップを見ました。小道を降りていくと、闇の中に金色に浮かび上がる大銀杏のライトアップが見えました。昼の姿とはうってかわり、大銀杏は荘厳な雰囲気をたたえて、静かにそこに佇んでいました。大銀杏が、静かに渓谷を見守る神様のような、何か意思がある存在のように感じられました。それほどに、大銀杏のライトアップは神秘的な雰囲気を携えていました。

ライトアップを見るなら、懐中電灯があると安心

ライトアップの時間にはあたりが暗くなるため、懐中電灯などを持っていったほうがいいです。外灯は所々にしかなく、私は足元が真っ暗な状態で歩きました。最初に玉堂美術館へ降りて行った小道も真っ暗な状態で歩いたので、怖かったです。他のお客さんは小さなLEDライトを点けて歩いていました。靴は運動靴がベストです。今回は前日に雨が降ったこともあり、道がぬかるんでいることろが数か所あったので、汚れていい靴なら安心だと思います。

新宿から1時間30分で行ける絶景!

御岳渓谷は東京の青梅市にあります。最寄駅はJR青梅線「御岳駅」で、新宿から約1時間30分でアクセスすることができる絶景スポットです。青梅の美しい山々や紅葉を眺めているうちに、駅に到着します。

御岳渓谷

渓谷ではまだ緑色のもみじなどもあり、大銀杏も緑の葉がまだ残っていたので、これからが見頃のピークだと思います。大銀杏のライトアップは11月27日までです。ぜひ美しい紅葉の絶景を満喫してください!

紅葉の美しさに、我を忘れる

紅葉が本当にきれいで、写真が好きな人にはぜひおすすめしたいスポットです。あまりに美しくて無我夢中でシャッターを切りまくっていたので、ちょっと怪しい人になっていたと思います……。また周辺には、御岳山や櫛かんざし美術館などもあり、遊歩道ももっと長い距離あるので、いろんな楽しみ方ができると思います。カヌーやラフティングをやっている人がたくさんいたので、今度は挑戦してみたいです。

関連記事リンク(外部サイト)

ディズニー・オン・クラシックで涙腺崩壊!服装やグッズなども詳しく語らせてください
ひたすら手羽先のみを食べまくる!手羽先食べ放題「手羽一郎」に行ってみた
表参道ヒルズイルミネーション、2016年は「体験型イルミ」!演出に参加してみた!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TRIP'S【トリップス】の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP