体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

一時的な薄毛が起こる6つの原因とは?予防対策を知り未然に防ごう!

一時的な薄毛が起こる6つの原因とは?予防対策を知り未然に防ごう!
「最近
髪の毛が薄くなったような気がする」といった悩みを抱えている人はいませんか? もしかしたら、それは薄毛の始まりかも知れません。 まだまだ髪の毛が薄くなるには早いような若い人や、髪の毛の強さには自信があるという人でも、なんらかの原因で一時的に薄毛になってしまうことがあるのです。

要チェック項目

□一時的な薄毛は近年増えている □一時的な薄毛を解消するためには原因を排除することが重要 □一時的な薄毛は、医師による治療によってさらに改善する見込みがある

一時的な薄毛が起こる原因は?

一時的な抜け毛とは、どのような原因で起こってしまうのでしょうか?

病気によるもの

甲状腺関連の病気や、鉄欠乏性貧血などの病気になると、一時的に薄毛になってしまうことがあります。抜け毛が気になる場合には、思い当たる病気がないかどうか、一度医師に相談するようにしましょう。

薬によるもの

インターフェロンなどを投薬していると、一時的に髪の毛が薄くなってしまうことがあります。薄毛が気になる場合には、ウィッグや帽子などを使って対応しましょう。

血流障害によるもの

無理なダイエットや、偏った食生活によって栄養が不足してしまったり、なんらかの原因で血流が悪くなってしまった場合に、頭皮の血流も悪くなって薄毛へと繋がることがあります。 食生活を改善し、血流改善に努めることで、薄毛が改善される可能性があります。

ストレスや疲労

ストレスや疲労がたまることで、一時的な薄毛になってしまうケースがあります。この原因は一時的な薄毛の中でも非常に多く、老若男女幅広い世代で見られます。円形脱毛症や若年性脱毛症などが、主な診断となっています。

頭皮のトラブル

脂漏性皮膚炎など、頭皮に炎症が起こってしまうことで毛が正常に生えてこなくなるものです。頭皮のトラブルを改善することで、薄毛も解消されます。

産後の抜け毛

産後のホルモンバランスの影響で、抜け毛が起こる人はたくさんいます。一時的にたくさんの毛が抜けて驚くかもしれませんが、時期がたてば元どおりに戻ります。

一時的な薄毛と進行性の薄毛の違い

進行性の薄毛とは?

進行性の薄毛とは、加齢による薄毛や男性型脱毛症(AGA)のことを指します。これらの薄毛は、毛のサイクルの中の毛が生え始める時期に入っても、休止状態のまま新たな毛が生えてくることがありません。 これらの薄毛は、年月を重ねるにつれて毛の量がどんどん少なくなっていき、増えることがないため、症状を抑えることで対応するしかないといえます。

原因を取り除いても薄毛が改善されない場合は進行性の薄毛の可能性大

一時的な薄毛の場合、薄毛の原因となるものを取り除くことで、毛周期や育毛環境が整うことで少しずつ髪の毛が生え始めます。 しかし、原因を取り除いてもなかなか毛が生えてこなかったり、さらに薄毛が進行する場合には、一時的な薄毛ではない可能性があります。 また、一時的な薄毛が起こったことがきっかけで、進行性の薄毛が始まってしまうケースもあるため、髪の毛の生え具合などをよくみて、適切に対処しましょう。

一時的な薄毛は治療で治る?

一時的な薄毛は薄毛の原因を取り除くことで、時間をかけて改善していくものがほとんどです。しかし、よりスムーズに改善するために、医師に相談して発毛をサポートする治療を行うことがおすすめです。

内服薬による治療

内服薬による治療は、一時的な薄毛において主流の方法です。 ダメージを受けた髪の毛を修復したり、新たに髪の毛を生やしたりするために必要な栄養素が含まれているため、飲むことで髪の毛のダメージを修復し、抜け毛を防ぐことができます。 また、ケラチンの成分によって爪が丈夫になるなどの効果もあります。

外用薬による治療

育毛剤のような外用薬による治療も効果的です。頭皮の血流を良くして環境を整え、弱った毛根や毛穴に栄養を与えます。 これによって、髪の毛のハリやコシを蘇らせることができます。また、抜け毛を抑える効果も期待できます。

毛髪再生療法

成長因子が止まっている状態の髪の毛に対して、成長因子を直接補って毛髪再生を促す方法です。半年ほどかけて、少しずつ薄毛の改善を実感できます。

一時的な薄毛のサインを見逃さないで!

1 2次のページ
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。