ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【人工知能&深層学習機能搭載】植物の写真を撮るだけで、名前や詳細を教えてくれるアプリ「PlantSnap」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

散歩しているときに、道脇に咲いている花や木が、一体何という植物なのか気になったことはないだろうか。

そんな身近な疑問に答えてくれるアプリ「PlantSnap」が開発中だ。その植物の写真を撮るだけで、植物の名前をはじめ、詳細を教えてくれるという。

・“人工知能”と“深層学習”機能を搭載

「PlantSnap」には“人工知能”と“深層学習”機能が搭載されていて、構築されたデータベースをもとに、植物の特定をおこなう。写真内から形状、葉や幹の色などを抽出し、データと照合し、高い精度で数秒以内という早さで回答を導き出す。

該当植物のサンプル画像、名前(通称&学術名)、科、属といった生態分類のほか、生育の特徴などが表示される。

・現在はベータ版、正式ローンチを目指す

アプリは現在ベータ版の開発段階だが、これまでに3ヶ月の期間を要し、植物のサンプルを集めては、その特定を繰り返すことで、人工知能の学習度を深めていった。アプリはiOS、Android両方に対応予定で、完成は2017年度を目指しているという。

・世界全体のデータベース、コミュニティとしての役割も

撮影した写真には“位置情報”が付与されていて、世界各国の撮影データ&位置情報を集めていくことで、ひとつの大きな植物情報ソース、コミュニティとしての機能も同時に併せもつのが大きな特徴だ。

ひとつの国に留まらず、グローバルな地球という大きなエリアで捉えたデータベースは、多くの人がアプリを利用すればするほど、情報に厚みが増し、精度も高まってくる。アマチュアのガーデナーから植物学者まで、幅広い層に利用してもらいたい意向だ。

「PlantSnap」は、クラウドファンディングサイトKickstarterで、12月14日まで出資を受付中。

PlantSnap

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP