ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Xperia XZの標準カメラアプリで月の表面までを捉える撮影テクニック

DATE:
  • ガジェット通信を≫

昨夜の記事の中で Xperia XZ の標準カメラアプリでは月の表面までを捉えることはできないとお伝えしましたが、Sony Mobile が公開した手順に従いカメラパラメータを設定にすると撮影できました。まず、カメラアプリの撮影モードを「M」マニュアルモードにします。次に、ギアアイコンをタップして「ISO」を「50」に、「露光」を「スポット」に切り替えます。さらに、ギアアイコンの上のアイコンをタップして、「フォーカス」を無限遠(一番上にスライド)に、「ホワイトバランス」を「太陽光」に、「EV」を「-2.0」にします。「SS」は「Auto」のままです。変更すると ISO が自動に切り替わってしまいます。パラメータの設定後は、カメラのボリュームボタンを押してズームし、シャッターボタンを半押しすると月の表面が現れます。この状態で撮影すると、次の写真のように月の表面までを捉えることができます。Source : Facebook

■関連記事
Galaxy A7(2017)はIP68レベルの防水やUSB Type-Cに対応か?
沖縄セルラー、Android対応の家庭用水耕栽培キット「やさい物語」を発表
WBS Checker : スマートフォン上で任意のWEBサイトの読み込み時間を計測できるAndroidアプリ

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP