体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

さまざまな文化を食す!シンガポールの人気料理とおすすめのお店8選

さまざまな文化を食す!シンガポールの人気料理とおすすめのお店8選
Photo credit:Tomoki「シンガポール 定番の食べ歩き」

Photo credit:Tomoki「シンガポール 定番の食べ歩き」

こんにちは。Compathy Magazineのfuku-chanです。
東南アジアの一国であるシンガポールは、急速な経済成長を続けるビジネスシティ。さまざまな国のバックグランドを持つ移民が集まる多民族国家であり、多彩な文化や歴史を味わうことができる人気の観光地です。
そんなシンガポールの料理は、それぞれの民族や文化の影響を受けた多様なレシピが魅力! 今回は、バラエティ豊かなシンガポール料理の特徴やおすすめのグルメスポットについて紹介します。

シンガポール料理の特徴:多民族国家ならではの多様なレシピ

Photo credit:Tiberiu Ana via flickr cc

Photo credit:Tiberiu Ana via flickr cc

シンガポールは東京23区と同じサイズの小さな国ですが、近年急成長を続けるアジアきっての経済国。アジア各国からの移民が多く、さまざまな歴史や文化が交差する多民族国家としても知られています。
シンガポール料理は、中国、マレーシア、インドなどの食文化の影響を受けたバラエティ豊かなレシピが魅力です。中国の広東料理や四川料理、北京料理、イスラム教徒が多いマレー系のハラール料理や、本場のスパイスを使用したインド料理など、複数の国をまたいだ料理を食べることができる点がシンガポール料理の特徴と言えますね。

シンガポールの定番料理とおすすめ店8選

1. チリクラブ

Photo credit:HAL8999「シンガポールで童心に返る」

Photo credit:HAL8999「シンガポールで童心に返る」

チリクラブ」は、シンガポールを代表するシーフード料理。大きなお皿に大きなカニとピリッと辛いチリソースがたっぷり入っており、3〜4人でシェアして皆で楽しく食べるのが一般的です。
饅頭(マンドゥ)と呼ばれるパンとソースを一緒に絡めて食べると、ソースの旨みも存分に味わえるためおすすめです。カニは殻ごと入っていますので、専用のハサミを使って殻を切って中の身を食べましょう。また手を洗うフィンガーボールもテーブルに用意してありますので、そのままかぶりついて食べるのも良いですね。

ジャンボ・シーフード
「ジャンボ・シーフード」は、チリクラブを味わうことのできるシンガポールの超有名店。シンガポール国内に何店舗かあり、連日観光客や地元の人々で賑わいを見せます。レストランではチリクラブはもちろん、サメの軟骨スープなどの料理も人気です。
おすすめは、イーストコーストの海岸沿い、シンガポール川沿いという抜群なロケーションに位置する、イーストコートシーフードセンター内の店舗。海や夕日などの景色を眺めながら食事を楽しむことができます。人気の店舗ですので、事前に予約しておくとより安心ですよ。

ジャンボ・シーフード(JUMBO SEAFOOD)
住所:Block 1206 East Coast Parkway
電話番号:064423435
営業時間:【月~金】17:00~23:45、【土・日・祝】11:30~24:00
アクセス:チャンギ空港からタクシーで20分
公式サイト:ジャンボ・シーフード

1 2 3 4 5次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。