ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

巨大鮫がテーマのモーションシートを使ったVRアトラクションが登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

株式会社ダイナモアミューズメントは、映画のシーンに合わせて客席のシートが動くとともに風・香りなどで五感を刺激するシート「MX4D」と、VRヘッドマウントディスプレイ(VRHMD)によるVR映像を組み合わせたVRアトラクション『DYNAMO VR TOURS メガロドン 伝説の巨大鮫』を発表しました。


本作品の体験イメージ写真

スクリーンのかわりにVRHMDを使用するため、3m四方のスペースで4人同時体験のライドアトラクションが体験可能となっています。10月より越谷のイオンレイクタウンにあるVR CENTER、11月より東京ベイ舞浜ホテルにて稼動されています。 現在は両ロケーションともにGear VR を使用していますが、他VR端末も対応予定であるとのこと。


作品の一部スクリーンショット

本作は、「ペルソナ5」などの制作に関わったCG制作プロダクションによるCG映像に、自然かつ繊細なモーションが同期することにより、“全方位映像”に“体感”を組み合わせた没入感の強いコンテンツとなっているとのこと。

本作品の内容解説は下記のとおりです。

「DYNAMO VR TOURS メガロドン 伝説の巨大鮫」

<作品内容>
潜水艇に乗り込み、いざ深海探査へ!美しいサンゴ礁の森を抜け、海底を目指す
とそこに待ち受ける巨大深海生物たち。
たどり着いた海底遺跡で伝説の巨大鮫と遭遇する海中アドベンチャー。
美しい景色を眺めてVR空間を楽しむシーンや、巨大生物が襲い掛かってくるなど
のドキドキ体験などVRを楽しむための様々なシーンが盛り込まれています。


本作品のメインビジュアル

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Mogura VRの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP