ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

マツコも絶賛!冬に食べるチョコアイスには自律神経を整える効果がある?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

“冬に売れてる意外なもの”としてアイスクリームが注目されている。総務省家計調査の『1世帯当たりの アイスクリーム支出額 年別月別推移』によると、2013年から10月~1月の支出額が増えており、冬のアイス市場が活性化してきているのが分る。

 週刊ダイヤモンド 2015-11-30 発売号
Fujisan.co.jpより

 

森永乳業が2016年11月に実施した【冬アイスに関する意識調査】では、冬にアイスクリームを食べたいと思うか?という質問に、98.4%の人が食べたいと思うと回答。性別、年代を問わない結果となり『冬アイス』が生活に定着しつつあるようだ。

 

※総務省家計調査の『1世帯当たりの アイスクリーム支出額 年別月別推移』より

 

年代別では、20代の男性、20~30代の女性の「すごく食べたいと思う」が最多回答となっており、特に若年層で『冬アイス』が浸透している結果もでている。

 

 

冬に人気のアイス味は?やっぱり○○!

 

では、どのようなフレーバーアイスが好みなのだろうか?夏と冬に食べる(食べたい)アイスクリームに、それぞれどんな要素を重視しているか?という質問では、夏・冬ともに『バニラ』が71.2%で断トツ。

 

注目すべきは、夏は『チョコレート』が44.9%だったのに対し、冬は62.9%で夏を18ポイント上回り、夏に比べて『チョコレート』の支持率が顕著に上がっていることだ。

 

その理由を、杏林大学名誉教授で精神科医の古賀良彦氏は、チョココーティングバニラアイスには、ほど良い覚醒効果があるからではないか、と話す。

 

「冬は屋外にいると、寒さで『交感神経』が活発に働き、体を緊張させるので、体温を保とうとします。一方、暖かい職場や家に居ると、『副交感神経』が活動して、体の緊張がほぐれ気分がリラックスし、眠りへと誘われます。食感がなめらかなチョコレートアイスは、暖かい部屋の中でくつろぎ過ぎてしまった気持ちと体に、丁度良い緊張感や覚醒効果を与えてくれるのです」と解説。

 

どうやら、人は自律神経のバランスをほど良く整えるために、自然にチョコレートアイスを好んで食べるようだ。皆で楽しくアイスを食べるのも良いが、冬は、気分転換にチョコレートアイスを食べるのも良いかも知れない。

 

なぜチョコレートフレーバーの冬アイスは定着したか?

メーカー各社、夏にはスッキリとした氷系や果実フレーバーをリリースし、冬には、味が濃いめのバニラやチョコレート、抹茶などが多い。また、大人向けのリッチなアイスクリームという新市場に力を入れはじめたのも、冬アイスの需要が伸びた理由だ。

 

アイスクリームを、あまり口にしない冬に食べてこそ“特別”なイメージ。濃厚で口どけの滑らかなアイスを温かい部屋で味わうのは、やはり贅沢なことだろう。

 

※もはや定番。デイリープレミアムというジャンルを開拓した覇者、森永乳業“PARM”

 

 

※江崎グリコの超ロングセラー“ジャイアントコーン”期間限定“ 大人のショコラ”

 

※ロッテの看板商品“Ghana”は2層仕立ての濃いチョコレート味が人気

 

冬アイスを一緒に食べたい芸能人は?

ちなみに、先のアンケートによると、冬にアイスを一緒に食べたい芸能人は、男性は断トツでマツコ・デラックスさん。女性では、ローラさん・有村架純さんが同一で1位だそうだ。

 

マツコ・デラックスさんは、TBSの『マツコの知らない世界』で冬アイス好きを公言したことが、票に結びついた可能性があるが、以下、順位をみると、タモリさん、福山雅治さん、大泉洋さんと、話上手の芸能人が並ぶ。

 

やはり、冬アイスは温かい部屋でまった~り…と、会話を楽しみながら意中の男性と。また、女子同士なら恋バナなどに華をさかせながら、アイスを頬張るといったシチュエーションを想像するのかも知れない。

 

 

冬アイスに関する意識調査

■調査主体 : 森永乳業

■調査期間 : 2016年10月29日(土)~ 30日(日)

■調査方法 : インターネット調査

■調査対象 : 全国の20代~60代の男女 合計1,074名

男性 20代(10.1%)、30代(9.6%)、40代(9.8%)、50代(9.9%)、60代(10.1%)

女性 20代(9.9%)、30代(10.1%)、40代(10.1%)、50代(10.1%)、60代(10.3%)

カテゴリー : エンタメ タグ :
マガジンサミットの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP