体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

銘酒そろう「立ち呑み酒場 フルミチ」でツウを気取った“裏川崎せんべろ”デビュー

f:id:naruse_e:20161025174434j:plain

JRと京浜急行の川崎駅界隈に、ひしめくように軒を連ねる飲み屋さんの数々。趣き深い酒場もあれど、若さを自負する年代には足を踏み入れる勇気がなかなかもてないお店も多い。誰からともなく“裏川崎”と呼ぶようになったディープなエリアだけに、「俺、裏川崎でよく飲むんだぜ」なんて、ちょっとカッコつけて言ってもみたい。

そんなツウっぽさを演じてみたい若者諸君! 創業46年、50代以上の常連客が連日列をなす「元祖立ち飲み屋」の別館「立ち呑み酒場 フルミチ」で、まずは“裏川崎のイロハ”を身に着けてみてはいかがだろう?

幻の銘酒が破格で飲める!? 地酒のラインナップがスゴイ

f:id:naruse_e:20161025173936j:plain

▲どちらもいい雰囲気

両駅から徒歩5分足らずに位置する「立ち呑み酒場 フルミチ」は、隣り合う「元祖立ち飲み屋」の別館として5年前にオープン。

f:id:naruse_e:20161025174004j:plain

▲広々とした店内も、開店後はすぐにすし詰め状態になるほどの人気

「元祖」がひとり飲みを楽しむシルバーグレイ世代を中心に賑わいをみせるのに対し、同店は若者でもグループでも入りやすい雰囲気。ここなら臆することなく入れそう。

f:id:naruse_e:20161025174035j:plain

▲どれも美味しそうでなかなか決まらない

店内に入ってまず目につくのは、冷蔵庫にずらりと並べられた一升瓶。実は同店、地酒の品ぞろえが豊富なことでも知られている。常に20種以上の銘柄がそろい、春は生酒、秋の始まりはひやおろしなど、季節を感じる日本酒も顔をそろえる。

f:id:naruse_e:20161025174116j:plain

▲獺祭が1合なんと530円。田酒に至っては500円という最強コスパ

中には、日本酒好きに絶大な人気を誇る「田酒」や「獺祭」「十四代」の姿も。飲兵衛らしく日本酒を語るならまずはこの3大銘柄を押さえておきたいところだが、入手困難といわれるだけあって1合800円以上で提供するお店も多い。ところが、同店ではなんと500円台で味わうことができるのだ。これなら銘酒を味わいながらせんべろだって夢じゃない!

ハムカツも角煮もフレンチ店修行の店長による最強コスパメニューに

地酒に強いお店だけあって、メニューのラインナップもアルコールとのバランスを考えられて構成されている。それらすべてを考案し手掛けるのは、店長の松本敬司さん。

1 2 3次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会