体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

動物園から遊園地まで!大阪のおすすめ動物ふれあいスポットまとめ

動物園から遊園地まで!大阪のおすすめ動物ふれあいスポットまとめ
Provided by

Provided by foursquare-icon-16x16

こんにちは。Compathy Magazineの斎藤ゆかです。
関西地方の一角を担う大阪は、年間を通して国内外から多くの旅行者が訪れる人気の観光地。さまざまな観光スポットがある大阪ですが、実は動物園など動物とふれあうことができる施設も人気を集めています。
動物園のなかには遊園地やバーベキュー、宿泊施設が併設されたスポットもあり、施設で体験できるアクティビティが充実しているのも魅力の1つ。また夏のナイトZOOや冬のイルミネーションなど、各施設で開催されるイベントからも目が離せません!
今回は、入園者数上位の人気動物園から地元大阪の方々に長年愛されるローカル施設まで、大阪で動物とふれあうことができるおすすめスポット・イベント情報についてご紹介します。

大阪のおすすめ動物ふれあいスポット10選

1. 大阪市天王寺動物園

Photo credit:Taro Tanaka「カウチサーフィン関西一周」

Photo credit:Taro Tanaka「カウチサーフィン関西一周」

天王寺動物園」は、日本で3番目に開園した動物園。1950年開園したと歴史も長く、面積約11ヘクタールの広大な園内には約200種900体の動物が生息しています。
2004年には新たにオープンした「アジアの熱帯雨林 ゾウのすむ森」では、広い象舎でのびのびと暮らすアジア象、博子の姿を見ることもできますよ。

戦後の大阪を見つめた「象の花子」をご存知ですか?
1950年、タイから天王寺動物園に2歳で来園し、2014年にこの世を去った国内2番目の高齢アジア象だった花子。その生涯に迫るドキュメンタリー映画、劇場版『天王寺おばあちゃんゾウ 春子 最後の夏』が2015年全国で公開されました。戦争の荒廃から天王寺動物園発展の一助となった人気者の花子は、映画もきっかけに、今なお全国の方々から愛され続けています。
現在では、園内の人気スポット「アジアの熱帯雨林」で、象の博子が来園する方々を楽しませてくれています。

100周年を超えて天王寺動物園はまだまだ進化の予感?
2012年の新世界・通天閣の開業100周年、そして2015年の天王寺動物園の誕生100周年を記念して、「新世界&天王寺動物園百年祭」と題した、地域・地元企業・行政が連携して周辺エリアを元気にする盛大なプロジェクトが実施されました。
101年目となる2016年の夏、天王寺動物園ではウクレレ演奏やベリーダンスなど新世界とコラボした音楽イベントが行われ、来場者の皆さんを魅了しました。今後も歴史を積み重ねてゆくにつれ、地域と連動したさまざまなイベントが展開されることが期待できそうですね。

 

天王寺動物園
住所:大阪市天王寺区茶臼山町1-108
電話番号:0667718401
営業時間:9:30~17:00(入園は16:00まで)※5・9月の土・日・祝日は18:00閉園、入園は17:00まで
休園日:月曜日(祝日の場合は翌平日)、年末年始(12/29~1/1)
入場料:大人 500円/小中学生 200円/未就学児 無料 ※障がい者手帳(原本)などの提示で入園無料
アクセス:
〈電車〉・新世界側入り口(新世界ゲート)地下鉄「動物園前」1番出口より約5分
・地下鉄「恵美須町」3番出口より約5分
・天王寺側入り口(てんしばゲート)JR・地下鉄「天王寺」より約10分
〈市バス〉・新世界側入り口(新世界ゲート)「動物園前」より約10分
・天王寺側入り口(てんしばゲート)「あべの橋」より約5分
公式サイト:大阪市天王寺動物園

1 2 3 4 5 6次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会