ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ネスカフェ×「神の雫」!ワインビストロがオープン

DATE:
  • ガジェット通信を≫


深まりゆく秋のひとときをワインやコーヒーとともにゆったり楽しめる期間限定のビストロが、11月15日(火)~27日(日)(※ただし21日(月)を除く)の18時~21時限定で「ネスカフェ 原宿」にオープンした。

同ビストロで楽しめるのは、ワイン漫画「マリアージュ~神の雫最終章~」特別編に登場したこだわりのスイーツや、これまでの「神の雫」作品で登場したワインの数々、そして“旬”と“産地”こだわってリニューアルした「ネスカフェ 香味焙煎」。


「ネスカフェ 香味焙煎」は、選び抜かれたこだわりの豆に最盛期に収穫した色鮮やかな手摘み完熟豆をブレンド。豊かなコクとフルーティな香りを堪能できるネスレの自信作だ。そのコンセプトや飲用者のもつこだわりの要素が「ワイン」との関係に近いことに着目し、今回のビストロをオープンするに至ったという。

「神の雫」は、累計発行部数1000万部を超え、本場フランスでも賞賛されているワイン漫画。2004年に「モーニング」(講談社)にて連載がスタートし、2014年に一度連載を終了したものの、昨年5月28日より続編「マリアージュ 〜神の雫 最終章〜」の連載が再開されている。


提供されるメニューは、「ル パティシエ タカギ」のオーナーシェフ高木 康政が手がける前菜・スープ・メインをセットにした本格的なディナーコース(税抜5000円※ワイン込・1日限定15食)となっており、料理に合わせて「神の雫」に登場したワインが、なんと6種類も登場する。


もちろんコースの最後を飾るのは、「ネスカフェ 香味焙煎 丸み」とシェフ特製の「ガトーショコラ」or「クレームブリュレ」。

この香味焙煎と特製スイーツのマリアージュメニューはディナーコースだけでなく、スペシャルスイーツプレート(税抜1000円)としてディナータイムに楽しむこともできるのだそう。

うっとりするような美しい盛り付けの本格料理と厳選されたワイン、特製スイーツと香り高いコーヒーで、至福のひとときを過ごしてみてはいかが?行きたい!と思った人は、さっそく予約しておこう!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP