ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

怖いくらいショッピングはかどる。インスタの買い物機能

DATE:
  • ガジェット通信を≫

変わり始めているInstagramの使いかた。

芸能人やセレブのアカウントをチェックするだけだったのが、自分のアカウントにもしっかりハッシュタグを貼って写真を投稿する人が増えました。

ファッションやインテリア、料理を参考にしているのは、いまや有名人よりも一般のインスタグラマーの投稿写真。

Instagramは、いまやひとつの”メディア”として、世界中で盛り上がっています。

Instagramで買い物機能が始まる

そんなInstagramが新たにスタートさせるのが、買い物機能。これからは見るだけじゃなく、買うこともできるようになります。

アメリカで試験的に開始したこのシステム。

写真の左下をタップすると商品名と値段が出て、さらに「Shop Now」をタップするとそのブランドの商品ページにジャンプし、購入することができます。

現時点で参加しているのは『Kate Spade New York(ケイト・スペード ニューヨーク)』や『Coach(コーチ)』、『J.Crew(ジェイ・クルー)』など、日本でも大人気のアメリカブランド。

アメリカでは、スマートフォンユーザーの84%がアプリを通して商品をチェックしていて、さらにその21%がその日のうちに商品を買っているんだとか。これってすごい!

「あ、これいいな」と思ったら、タップするだけで買うことができるなんて、ますます購買欲が刺激されてしまいます。

ショップホリックの私にはちょっと怖いくらいの便利さです。


タップするだけで商品ページにジャンプ

私はいま、コーディネートを参考にしているインスタグラマーの写真から、ハッシュタグで何のブランドかを知り、さらにそこからネットでその商品を検索しています。

でも、この買い物機能がInstagramで広まれば、わざわざネットで検索しなくても、タップで商品ページにジャンプすることが可能に。より気軽に商品までアクセスできるようになります。

もう十分テクノロジーに囲まれた生活だけど、これからはもっと生活に密着したテックフレンドリーが加速していきそうな予感。

来年はきっとInstagramで服を選んでいるな、私。

写真/Shutterstock

■ あわせて読みたい

マイノリティはアメリカにだけ? 「海外のマネ」って言われても安全ピンで意思表示
気分は変える。軸はぶれない。ヴィクトリアのマイルール
恋愛は集団戦。あなたの恋の協力者は何人? #深層心理
ニット以外何着ればいいの? は裏起毛シャツで解決
SNSデトックス。サンフランシスコ女子がストレスフリーな理由
それでも、レナ・ダナムは前向き。ヒラリー敗北
婚活してる自分が恥ずかしい。でも、結婚したい。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP