ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

さだまさしが明かす「今でも旅の歌が書けない」という理由

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 米国のシンガー・ソングライター、ボブ・ディランがノーベル文学賞を受賞したことで、日本でにわかに注目を集めているのが、さだまさし。同じシンガー・ソングライターとして、ネット上では「ボブ・ディランがとったんだから、さだまさしワンチャンある」「ボブ・ディランの受賞に、さだまさしが続きますように」といった書き込みに同調する声が広がり、中にはさだを“和製ボブ・ディラン”と評する声もある。
 
 さだは自身の曲の詞だけでなく、小説家としても『精霊流し』『解夏』『眉山』などのベストセラーを世に送り出している多才な人。だが、その彼が新著の中で「カバン持ちしてでも一緒にいたい」「表現の豊かさ、面白さにいつも驚いていた」と、その功績を大絶賛する作詞家がいた。出版関係者が語る。
 
「それは今年7月に亡くなった永六輔さんです。永さんは『上を向いて歩こう』『見上げてごらん夜の星を』『こんにちは赤ちゃん』など、数々の歴史的名曲の作詞を手掛けていますが、さださんは『僕の歌曲のひな形のような作品をたくさん作られた人』と、その影響を認めています」
 
 さだは永六輔さんとの対談などをまとめた新著『笑って、泣いて、考えて。永六輔の尽きない話』の中で、永さんの作詞について「歌はいわば生鮮食品で、特に『言葉』は傷むのが早い。ところが、永さんの歌詞は全然古びない。今の世に新曲として出しても十分、通用する」と評している。
 
 中でも評価しているのは『遠くへ行きたい』で、さだは「これほど見事な旅の歌はいまだなく、今後も出ないかもしれない。この歌があるためか、僕は今でも旅の歌が書けません」と語っている。一方、永さんは「みんなが歌える歌」にこだわって作ったことや、惜しまれながらも作詞を辞めた“本当の理由”などを明かしている。

◆さだまさし:1952年、長崎県生まれ。1973年、フォークデュオ・グレープとしてデビュー。1976年にソロとなり、『関白宣言』『防人の詩』『たいせつなひと』など、数々のヒット曲を生み出す。2001年に小説家として『精霊流し』を発表、その後も『解夏』『眉山』など数々のベストセラーを生み続ける。デビューから精力的に続けているコンサート活動は、2013年7月に前人未到の4000回(ソロコンサート)を達成。最新刊は、永六輔との“最初で最後の対談”を収載した『笑って、泣いて、考えて。永六輔の尽きない話』。

【関連記事】
早稲田大学さだまさし研究会 楽曲に登場の地探訪が主な活動
人気のNHK「生さだ」 ハガキ投稿はさだまさしがすべてチェック
小林幸子 騒動の時さだまさしに言われた「真実は一つ」に感謝

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP