ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『八重子のハミング』主演・升毅 自分に投影できずひるんだ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 夫婦の純愛と家族の愛情を描いた映画『八重子のハミング』が公開され話題になっている。この映画の原作は、5度のがん手術から生還した陽信孝さん(77才)が、若年性アルツハイマーの妻・八重子さん(享年65)を介護する日々を短歌とともに綴った同名手記(2002年、小学館刊)。14年もの月日を経て、多くの人の胸を揺さぶっている。

“31文字のラブレター”約80首を詠み、綴った、4000日あまりに及んだ介護の軌跡『八重子のハミング』(小学館文庫)。2002年末に他界した愛妻を偲んだ終章も新たに収録されている。

 陽さんと八重子さんの物語を映画化した佐々部清監督(58才)は、舞台挨拶後に行われたサイン会での出来事をうれしそうに明かした。

「20代の若い女性がぼくのところに来て、ずっと泣かれていたんですね。“よかった?”って聞いたら、“すんごく、よかった。涙が止まらない”っておっしゃっていたんですが、ちゃんと若い人にもこの映画は伝わるんだと思いました。

 映画の中で、陽さんの友人が語る“お前は八重子さんの人としての尊厳を守ったんじゃ”というせりふがあるんですけどね、12年間、人間の尊厳を守り続けるって大変ですよ。正直、今、うちのかみさんがアルツハイマーになったら、ぼくは3か月でへばると思います。でも陽さんは、やり遂げた。素晴らしいことだと思います」

 八重子さんを演じた高橋洋子(63才)は「記憶を失っていく彼女の心情は最後までわからなかった」と言うものの、それでも、夫婦の確かな絆を強く感じたと話す。

「原作を読んだり、映画を見る限り、八重子さんは娘も孫も忘れてしまうのに、ご主人にはいつも甘えていたいと思っていたのかなって思うんです。だから、もしかしたら最期まですごく幸せだったんじゃないかなって」

 一方映画で陽さんを演じた主演の升毅(60才)は、俳優としてデビューし40年となるが、こんなに役作りに苦戦したのは初めての経験だったと言う。

「原作を読んだ時、途中で幾度も幾度も涙があふれて、そこで本を閉じるんですね。その先が進めなくなるんですよ。時間をおいたり、翌日とかに続きを読むんですけど、また涙があふれて、本を閉じて。そういうことを繰り返していました。これはいったい何だろうなと思いながら読み終えました。

 そしてこの役を演じるのは、ちょっと無理だって思ったんです。その前に脚本を読んだ段階では、“なかなか覚悟がいるぞ”と前向きな思いだったんですが、原作を読んだときにはすごく客観的に読んでしまって、自分に投影できず、正直ひるみました」

 そんな升にとって、「人間、怒りには限界があっても、優しさには限界がない」というせりふが強く心に残っている。

「この言葉の持っている意味ってすごいんですよね。演じているなかで、“いったいどこまで優しくなれるのか?”という考え方ではなく、“どれだけ優しくいられるか”というように普段から考えるようになりました。“どこまで”ではなく、“どれだけ”って考えたときに、心がふっと軽くなってね。優しさっていいなってつくづく感じました」(升)

 この言葉は、壮絶な八重子さんの介護を通して陽さん自身が実感したことだった。その陽さんは、「本が出版されて随分時間が経ったけれど、今こうして映画になったのは本当にありがたい。ただね、わしの介護が最高だと思ってもらっちゃ困る」とも言う。

「わしは12年間介護をやったけど、毎日逃げ出したかった。誰が好んで介護をやりますか? 家族の壊れていく姿を見ながら…。人間ってそんなに強くないですよ。

 だからいまだに悔いても悔やみきれない。考えたら何もしてやれなかったんです。腹が減った、喉が渇いた、そう本人が言ってくれたらよかったけど言えなかったわけですからね。わしがもっと心を配っていたら、もっといい介護ができたんじゃないかと、今でも思います」(陽さん)

 陽さんが介護をしていた頃と時代はずいぶん変わったものの、事態は複雑化し、問題は山積みだ。政府は「三世代同居」を打ち出すものの、予算はついていない。重労働にもかかわらず待遇は改善しないため、介護士は万年人手不足だ。それゆえ、老人ホームでの虐待や殺人など、痛ましい事件が後を絶たない。

「介護の原点は人間の優しさやと思うんです。その心は家庭のなかで、家族が育てていくものだけど、今その家族が崩壊しとる。学校の現場でも親がすぐに教師を訴える世の中になったから、そこも崩壊しとる。何でも手に入る時代に、我慢する心を親が育てないから、感謝の心も育たない。そういう子供は人の立場に立って物事を考えることはできないですよ」(陽さん)

 だからこそ、陽さんのように、他人の手を借りず、親子三世代、誰にも隠さず介護すればいいかといえば、それは現実的に難しい。それは陽さん自身がいちばんわかっている。

「わしは家族がいたから最期まで女房の介護ができた。一緒におりたくても、おれない人もおる。だから、必要に応じて預けることは大事。だけど、それが当たり前だと思ったらいけない。在宅がいいとか、預けるのがいいとか、答えがあるわけじゃない。ただね、やっぱり、優しさなんですよ。介護の技術よりも、優しい心がすべてなんですよ」

 介護は一度始まるといつまで続くかわからない上に、これが正しいと言える答えには、いつまでたってもたどり着けない。だから私たちは葛藤する。でもこれは、一つの答えといえるのではないだろうか。

「怒りに限界があっても、優しさには限界がない」

※女性セブン2016年11月24日号

【関連記事】
女優・田丸麻紀 思わず見とれてしまう「罪な美しさ」独占撮
若年性アルツハイマー 妻を介護し続けた夫の心の内と愛
「日本リプトン創業家」で遺産&株式「骨肉の争い」起きていた

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP