ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

運転中に地震が発生したら、ロックせずキーは差したままに

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 いつ起きるかわからないのが大地震だ。もしも街中を歩いていた場合に発生したら、怖いのは頭上からの落下物。割れたガラスや看板などに直撃されたら、命を失う可能性もある。防災・危機管理アドバイザーの山村武彦さんはこう話す。

「もし歩道を歩いていたら、即座にバッグなどを頭上にかざし、新しめのビルの中に避難するほうが安全です。阪神・淡路大震災の時は、歩道はガラスなどの落下物が散乱して足の踏み場もないほどでした」(山村さん)

 車を運転中に地震に襲われたら、そのまま走り続けるのは非常に危険。落ち着いて停車させ、徒歩で避難するのが原則だ。

「ハザードランプを点滅させ、前後の車に注意しつつ、徐行し道路の左側に停車させます。安全が確認できたら広場か駐車場に停め、ドアはロックせず、車にはキーを差したままに。緊急車両が通れるように、別の人が車を移動させられるようにするためです。連絡先を書いたメモを残し、車検証を持って避難しましょう」(山村さん)

 ただし、高速道路など、徒歩で避難するのがかえって危険な場合は、その場で待機してカーラジオなどで情報収集して状況を把握しよう。

◆そのとき、自宅にいたらどこに逃げる?

 朝や夜間に地震がきたら、ほとんどの人が自宅で被災することになる。問題は、その時、家の中のどの場所にいるかだ。災害危機管理アドバイザーの和田隆昌さんはこう説明する。

「リビングにいる場合は、すぐにテレビや棚、ガラス窓から離れて安全を確保すること。木造家屋では面積に対し柱や壁が少ない場所から崩れる可能性があり、リビングなどの広い部屋はリスクが高い。揺れを感じたら、廊下や玄関付近に移動するようにしたい」(和田さん)

 寝室では倒れてきたたんすや本棚の下敷きになる恐れがあるので、そもそもそれらを置かないようにするか、しっかりと固定しておくこと。つい後回しにしがちだが、いざという時のために今のうちに対処しておこう。

 キッチンで調理中の場合、以前は「まず火を消せ!」といわれたが、今は違う。

「自動遮断装置がついているので、ガスは地震を感知すれば止まります。目の前で火を使っていたら別ですが、まずは身を守ることを優先してください」(山村さん)

 火を止めるのは、揺れが収まった後でも遅くない。トイレや浴室では、ドアが開かなくなって閉じ込められる可能性があるので、まずはドアを開けて避難路を確保することが先決だ。

「古い木造家屋の場合、倒壊の危険性やドアが変形して出られなくなる可能性があるので、揺れが収まったら家の外に出て、安全な場所に避難するほうがいい。とくに旧耐震基準の1981年5月以前に建てられた建物は倒壊の危険があるので要注意です」(山村さん)

 それはマンションやアパートでも同じ。1981年6月以降に建てられた建築物でも、建築基準法を守っていなければ安全とはいえない。自宅が建築基準法に適っていることを証明する「建築確認済証(確認通知書)」「中間検査合格証」「完了検査済証」が交付されていることを今から確認しておこう。

 手元になければ、自宅の施工業者、売主らに手続きの有無を確認。分譲マンションの場合、管理組合に聞こう。「あの時やっておけばよかった…」と後悔しないよう、今すぐ地震への備えを!

※女性セブン2016年11月24日号

【関連記事】
震災後 避難所が「奇跡の避難所」へと変わる様子を描いた書
原発避難民の心を逆なでするTVの「手をよく洗って」発言
避難73才男性 ドイツからのワイン提供に「焼酎の方がいい」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP