ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

特徴別!楽器を買取してくれる個性的なショップ4選【京都編】

  • ガジェット通信 GetNewsを≫

最近、京都へ遊びに行く機会があったのですが、あちこちから文化の香りが漂ってくるという点でやっぱり別格ですよね。普通に三味線の音とか聞こえてきますもんねえ……何の脈絡もなく郊外にどでかい音楽ホールを建てて「おらが村に文化が来ただ!!」と喜んでいるような地方都市とは根本からして違うわけで、文化なんてものは地域に染み付いているもので誰かがどうかしたから、盛り上がったりましてやブームになったりするものではないという。そんな京都で楽器を買取ってもらうならココだ!という買取店をご紹介していきます。

京都で楽器を売るならおすすめの店

null出典:Google

文化的な京都「らしい」特色のある楽器買取のショップは探せば結構あるもの。いわゆる伝統的な邦楽だけでなく、磔磔を中心とした独特の音楽シーンがあったり、若者も多ければ、芸術系の大学もあったりします。そして、郊外まで足を運べば有名処を含めて多数のリサイクルショップも揃っているのです。京都市内の特色あるショップと合わせて、郊外型のショップも周ればまあ完璧、そんなに大損することはなさそうです。

JEUGIA 三条本店

null出典:JEUGIA
特徴
京都で音楽といえば「JEUGIA」、名門です
大型のもの以外ならば大抵の物の買い取りが可能

勉強不足で申し訳ないのですが「けいおん!」なる大ヒットアニメの舞台は京都で、ギターの女の子が楽器を購入したのも京都の有名店をモデルにしたショップだったそうで……そして、そのショップは買取もやっているのです。京都で音楽といえば「JEUGIA」、一時は郊外型の大型外資系CDショップに押されてはいましたが、今なお大健在です。
楽器はたいてい買取可能、店頭でも宅配でも査定をおこなっていますが、アコースティックピアノや電子オルガンなど巨大なものは買取不可となっていますから注意が必要。高額なヴィンテージ物などはお預かりになることもあるとのことです。
住所:京都市中京区三条新京極角

中古楽器買取センター 京都本店

null出典:中古楽器買取センター
特徴
買取項目で和楽器を大きく掲げており頼もしい
和楽器以外にも楽器全般、おまかせできます

まあド直球なネーミングと何とも味わい深いHPで、かえって信頼度が増すという「中古楽器買取センター」。こちらにお願いしたいのは琴や三味線など和楽器全般、家を掃除していたら笙や篳篥が出てきたという、京都ならばありがちなお困りごとにも対応してくれます。もちろん、ギターや金・木管楽器、弦楽器、打楽器やアコースティック以外の楽器全般をおまかせすることができますから、とりあえず使わなくなった機材があるならば足を運ぶ価値はあります。店頭以外、出張でも買取の受付中です。
住所:京都市西京区上桂三ノ宮町54-1

ライトニン

null出典:ライトニン
特徴
ギター全般に特化したショップ、かっこいい
ヴィンテージギターを用いたライブなんかも主催しているみたい

名前もカッコよければ、構えもカッコいい。築80年という京町家のギターショップは「ライトニン」……うー、このネーミングセンス、しびれますねえ。こちらは中古ギターの買取、販売、そしてリペアの専門店。その屋号からエレキ系だけかと思ったら、アコースティックも当然のように大丈夫という間口の広さ。間口の割に奥行きもある、まさに町家のようなショップなのです。
住所:京都市中京区釜座通丸太町下ル桝屋町155-4

ワタナベ楽器店 京都本店

null出典:ワタナベ楽器店
特徴
創業60年、こちらも老舗です
店頭の中古商品の充実ぶりは必見、売った後に買いたくなるかも

こちらも名門、創業以来60年の「ワタナベ楽器店」。プロ・アマ問わず数多くの演奏家から高い支持を得ているショップです。得意としているのはギターやベース、ウクレレなど持ち運べる弦楽器でしょうか。他にもアンプやエフェクター類、PAなども買取OKとのこと。商品の回転も非常に良いとの評判ですから、高価買取が期待できるかも!!なのです。店頭と宅配、両方で商品を受付けています。
住所:京都市中京区指物町332

お店選びのコツ

null出典:ウィキペディア

一見さんはお断り!!なワケがない

京都ならではの一見さんという言葉。これが今でも生きている、といえば生きているのですがまあ、楽器の買取においては気にすることはないでしょう。ただし、付き合いが深まればそれだけの良さを醸しだすのも京都ならでは。楽器も買った所でメンテを受けて、不要になったら買取ってもらうというのが一番の店選びのコツかもしれません。

それなりの専門性を持っています

ショップ紹介の項目でざっくり扱った通り、それぞれのショップはカラーを持っています。だから、手持ちの楽器と相性が良いショップを探さなければなりません。例えば平沢唯のギブソン・レスポールならば、もちろんJEUGIAかライトニンが適当なショップといえるはず。いや、他のショップでも大間違いな買取はしないとは思うのですけれど……。

ショップ間での比較検討は必須

京都ぐらい楽器の買取をおこなっているショップにバリエーションがあれば、ショップ同士比べるということは忘れてはいけません。中古楽器の相場自体に地方性があるとは考えにくいですが、ショップ間の格差はどうしてもあるもの、得手不得手がありますからね。ですから、よっぽど信頼関係が築けている場合を除き、ショップ間で買取価格を比較することは必要となります。小さい京都の街ですから肩に担いでショップを渡り歩くなんてことも可能ですし。

まとめ

null出典:TBS

いかがでしたか?世代を超えて、良いものを長く使うという文化が根付いた京都だからこそ、楽器の買取も期待ができますよね。特に楽器については、独特のバックボーンがあるためか、買取店も非常に充実しています。楽器の種類によって、より専門性の高い買取店を選ぶのも高価買取の秘訣です。持ち運びが困難な大きさの楽器に関しては、宅配買取や出張買取を賢く利用しましょう。価格比較や相場を知りたい際は、「ウリドキ」などの比較サイトを利用すると、早く簡単に調べることもできるので、ぜひ活用してくださいね!

カテゴリー : エンタメ タグ :
買取比較サイトURIDOKI(ウリドキ)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。