ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

すっぴんマスクで肌あれ? マスク女子が注意すべきこと

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

すっぴんマスクで肌あれ? マスク女子が注意すべきこと

風邪をひいていなくてもマスクをしているマスク女子が増えています。すっぴん隠しの場合もあれば、防寒対策や乾燥対策に使うこともありますよね。でも、このマスクが原因で肌荒れが起こることもあるんです。マスクの利点と使用時の注意を確認しておきましょう。

マスクのメリットでマスク女子急増中

やはり一番は風邪予防ですよね。この時期はインフルエンザも怖いし、電車や人ごみを避けられない場合はマスクで防御をするのが定番。アレルギーの人はアレルゲンが鼻や口から入らないためのマスクは必須。寒暖差アレルギーの場合も鼻や口から冷気が入ることで発作が起こるのでマスクが役立ちます。乾燥で鼻の周りや唇が乾燥してしまう場合、マスクをすることで保湿の効果があります。寝る前にお肌や唇にたっぷり保湿をしてからマスクをして眠ると息のスチーム効果で乾燥しらずに。このようにマスクには利点がたくさんあるため、マスクが手放せないなんて女子も多いのですが……。

マスクのせいで肌荒れする女子も急増

まず、使い捨ての不織布マスクの場合、繊維が絡み合ってできているため、肌にあたったときの負担がガーゼマスクよりも大きいです。敏感肌の人だと刺激でかゆくなったり肌荒れを起こす可能性があるんです。この不織布のマスクには抗菌剤が含まれているものもあり、殺菌作用や細菌の繁殖を防いでくれますが、抗菌剤で肌荒れを起こすこともあります。常に息で保湿されているため、菌が繁殖しやすい状態でもあるので、ニキビができたり悪化することも考えられます。食事や人と会うために一度はずしたマスクをカバンにポイっとすると、汚れやバイ菌がついて、それをまたつけることでバイ菌が増殖してしまうことも……。

肌荒れしないマスクの使いかた

使い捨ての不織布マスクを使う場合は、素材を良く確認しましょう。肌にあたる面だけでも綿素材だと安心。不織布はウイルスや花粉などをブロックする能力に優れているので、その目的で使う場合はマスクと口の間にガーゼを挟むとよいですよ。できれば1日2~3枚の交換を目安に使います。ガーゼを挟めば、ガーゼを交換するだけで良いので経済的かもしれませんね。時々マスクをはずしてお肌を清潔に保ちましょう。ニキビができている場合は特に注意して、ニキビに刺激を与えないように注意しつつ、殺菌作用のあるクリームやジェルを塗っておくと安心です。

writer:しゃけごはん

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。