ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【米ビルボード・チャート】「ブラック・ビートルズ」が遂にシングル・チャート首位に! ALチャートはボン・ジョヴィが初登場1位(11/26付)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 12週にわたり首位をキープしていたザ・チェインスモーカーズの「クローサーfeat. ホールジー」を下し、レイ・シュリマーの「ブラック・ビートルズ feat.グッチ・メイン」が、初の米ビルボード・ソング・チャート“Hot 100”No.1を手にした。

 本家のポール・マッカートニーも巻き込み、全米で大ヒット中の“マネキン・チャレンジ”のBGMとして多くのビデオに楽曲がフィーチャーされたことを受け、先週9位から大ジャンプアップを果たした「ブラック・ビートルズ feat.グッチ・メイン」。

 米ミシシッピ州テュペロ出身の2人組兄弟ラップ・デュオにとって初の1位となる同曲は、全米で4330万ストリーミング数を獲得し、今週最もストリーミングされた曲となり、320%上昇したデジタル・ソング・セールスでも1位、ラジオ・ソング・チャートにも初登場。さらに“Hot R&B/Hip-Hop Songs”チャート、“Hot Rap Songs”チャートでも1位をマークし、3冠を達成した。また、同曲が収録されたアルバム『Sremmlife 2』は今週アルバム・チャートで5位にランクアップしている。

 今週惜しくも2位にランクダウンしたザ・チェインスモーカーズは、レイ・シュリマーにむけ、「1位おめでとう、俺たちもこの曲にハマってる」とツイートしている。

 アルバム・チャート“Billboard 200”では、ボン・ジョヴィの最新作『ディス・ハウス・イズ・ノット・フォー・セール』が初登場1位に。従来のアルバム・セールスで12.8万枚を売り上げ、収録各曲の売り上げをアルバムの売り上げとして換算するTEA、そして同じくストリーミングを換算するSEAを加えると、 12.9万ユニット以上を記録した。同作は、バンドにとって13枚目の全米TOP10ランクイン作となる。

 2位には、5万ユニット(内従来のアルバム・セールスは4.2万枚)を獲得したアリシア・キーズの『ヒアー』が初登場。ザ・チェインスモーカーズの5曲入りEP『コラージュ』は、6位にデビュー。5曲中4曲がすでにリリース済みで、新曲が1曲ということもあり、順位を伸ばすことができなかった。人気コンピ・シリーズ『Now 60』は7位に初登場している。

◎米ビルボード・ソング・チャート“Hot 100” TOP10(11/26付)
https://youtu.be/qqa2bHEdapQ

関連記事リンク(外部サイト)

アビイ・ロード再現などビートルズファンも楽しめる!? “マネキン・チャレンジ”で話題の「ブラック・ビートルズ」(Song Review)
良い意味で久々にちょっと下品なアルバムに出会った!? 話題の兄弟ラップ・デュオの最新作『シュリムライフ2』(Album Review)
ボン・ジョヴィの新アルバム、アリシアやザ・チェインスモーカーズを下し全米アルバム・チャート首位なるか

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP