ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

矢野顕子、ドキュメンタリー映画レストア済み映像を予告編で初公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

矢野顕子が今年、ソロデビュー40周年のアニバーサリー・イヤーを迎えたことを記念して、’92年に公開されたドキュメンタリー・フィルム『SUPER FOLK SONG ~ピアノが愛した女。~』をデジタル・リマスタリングし、来年新春1月6日より15日間限定で全国劇場にて公開する。その映画予告映像をGYAO!から3日間限定で先行公開される。

本作は’92年の公開当時、2万人を動員し、それまでのレイトショー記録を塗り替えて大ヒット。故・坂西伊作監督の意向を尊重し、’92年に発表された当時の予告編を最新技術でレストア(修復処理)して復刻。約四半世紀の時を経て、待望の復活上映となる。

また、GYAO!限定で「2017年デジタル・リマスター予告ver.」と「1992年に公開された予告のオリジナルver.」のレストアbefore/afterを見比べることができる。

映画のタイトルにもなっている’92年に発売されたアルバム「SUPER FOLK SONG」は、ピアノ弾き語りシリーズの第1弾として編集なしの「一発録」でレコーディングされた矢野顕子の名カヴァー・アルバムのひとつ。本作は、その模様を完全密着で記録したドキュメンタリー・フィルム。緊迫した空気の中、何度も失敗しては弾き直す極限状態でのレコーディングにカメラが入り、自分に厳しく挑む矢野顕子の姿や、納得したテイクを録り終えての安堵する姿、達成感からくる満身の笑みなど、一心不乱にレコーディングに没頭する、彼女の一挙手一投足を捉えている伝説的な作品であり、また、観客はまるで矢野顕子と共にレコーディングをしているかのような、感覚を味わえる一作。

現代のレコーディングより、ひと手間もふた手間がかかった時代。観てる側の胃が痛くなる程緊張感で張りつめたその瞬間の一部を、矢野顕子の鬼気迫るレコーディングの状況から垣間見ることができる貴重な予告映像となっている。

矢野顕子 コメント
当時の事を思い出すと、少々照れくさい気持ちになりますが、改めて作品を観ますと40年の活動の中でこの作品は、いまの自分造りの大きなターニングポイントになっていたのだなと感じる映画でした。レコーディングの中で失敗したり、成功したりする私を観て、ぜひ観客の皆様も、一緒に曲を作っているかのようにお楽しみ頂けると嬉しいです。

矢野顕子主演 映画『SUPER FOLK SONG~ピアノが愛した女。~』[2017デジタル・リマスター版]劇場予告
http://gyao.yahoo.co.jp/player/00100/v10740/0993900000000548426/

矢野顕子主演 映画『SUPER FOLK SONG~ピアノが愛した女。~』予告のレストア(修復)前後を比較。
http://gyao.yahoo.co.jp/player/00100/v10740/0993900000000548424/

矢野顕子 スペシャル
http://gyao.yahoo.co.jp/p/00100/v10740/

映画情報
矢野顕子「SUPER FOLK SONG~ピアノが愛した女。~」[2017デジタル・リマスター版]
新宿バルト9、梅田ブルク7、センチュリーシネマ(名古屋)、T・ジョイ博多、ユナイテッド・シネマ札幌ほか全国の劇場にて、
2017年1月6日(金)より15日間限定ロードショー
出演・演奏|矢野顕子 インタビュー出演|鈴木慶一、谷川俊太郎、糸井重里、三浦光紀、宮沢和史、David Rubinson(出演順)
監督|坂西伊作 撮影|夏野大介
1992年/日本/モノクロ/DCP/2ch/79分
企画・主催:ソニー・ミュージックアーティスツ
配給:ライブ・ビューイング・ジャパン
配給協力:ソニー・ミュージックダイレクト
©映画「SUPER FOLK SONG〜ピアノが愛した女。〜」[2017デジタル・リマスター版]
映画公式サイト:www.110107.com/yanoeiga

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP