ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Oculus Rift、より低スペックなPCでVR体験が可能に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

初めて消費者市場に参入する新技術と同様に、VRは一般消費者にとっては比較的高価なエンターテインメントです。Oculus RiftやHTC Viveのようなヘッドセットの購入だけで、10万円近い費用が必要です。加えて、VRを体験するためのスペックを持つPCも必要となり、必要な機材のすべてを揃えるためには最低でも20万円近くかかります。

一般的に、PC向けのハイエンドなVRコンテンツを体験する場合、映像を平均90フレーム/秒で描画する必要があります。VR体験にはこのようなフレームレートやヘッドトラッキングなど、すべてを同時に実行するシステムを必要としてきました。

しかし今回、先週のアップデートでOculus Riftのプラグインに搭載された“asynchronous spacewarp(非同期スペースワープ)”は、フレーム補間技術を使用して、90フレームの半分となる毎秒45フレームのフレームレートで滑らかな体験を生成することができます。このような低フレームレートのサポートを可能にすることによって、ヘッドセットを動作させるのに必要な描画性能を半減させました。

またグラフィックスカードの面では、Oculus Riftは、以前は正常に動作するために、少なくともNVIDIA GTX 970またはAMD Radeon 290 GPUを必要としていました。今回の新技術により、NVIDIA 900シリーズまたは1000シリーズGPU(GTX 960以上)またはAMD RX 400シリーズのカードでVR体験を楽しむことができるとのことです。

(参考)
The Oculus Rift Can Now Run VR On Lower-End PC’s

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Mogura VRの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP