ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ベン・アフレック主演の映画『Live by Night(原題)』、ファイナル・トレーラーを公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

映画『Live by Night(原題)』のファイナル・トレーラーで、ベン・アフレックが狂騒の20年代におけるタンパの暗黒社会を牛耳っている。

トレーラーの前半では、アフレック演じるジョー・コフリンが、平穏なフロリダの海でモーターボートに乗る姿で始まり、彼は「力を持つ男は残酷になる必要がない」と語る。

しかし、彼はすぐに酒類密造業者のギャングにぶち当たり、そのボスに「お前を業火に焼いてやる」と言われる。

後半では、マシンガンなどの暴力による殺人が映し出される。米ワーナー・ブラザース製作による本作品は、作家デニス・ルヘインの小説が原作。アフレックは、ゾーイ・サルダナ、シエナ・ミラー、クリス・クーパー、ブレンダン・グリーソン、クリス・メッシーナ、エル・ファニングらと共演する。

アフレックは、レオナルド・ディカプリオ、ジェニファー・デイヴィソン・キローラン、ジェニファー・トッドらと共に、脚本の翻案とプロデュースを務める。アフレックは、ルヘインの小説を基にした映画『ゴーン・ベイビー・ゴーン』でも監督を務めていた。

アフレックにとって、『アルゴ』以来の監督作品となる本作品は、まず12月25日に限定公開され、2017年1月13日に全米公開される。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP