体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

メッセージを暗号化できるiOSアプリ「Black SMS」がiMessageで使えるように!

Black SMS家族や親しい友人、同僚とテキストメッセージで連絡を取り合っている人は多いだろう。送受信するメッセージや写真の中には、他の人には見られたくないものを含むことだってあるはず。

そんなときに便利なのが、メッセージを暗号化できるアプリ「Black SMS」。このほどアップデートされ、iOS 10ではiMessageでダイレクトに使えるようになった。

・黒塗りの秘密メッセージ

Black SMSでは、パスワードを設定してメッセージを送信すると、相手のメッセージウィンドウに黒い吹き出しが現れる。アプリ名が「Black」となっている所以だ。

受信者はその黒い吹き出しをタップしてTouch IDかパスコードを入力することでメッセージを閲覧できる。

Black SMS2・写真や絵文字にも対応

暗号化できるのはテキストに加え、写真や絵文字、GIF。グループチャットにも使える。

活用方法はユーザー次第だが、他の人の耳には入れたくない友達とのヒソヒソ話や、暗証番号など重要な情報などを暗号化できれば、「もし誰かに見られたら」という不安を払拭できそう。

もちろん暗号化する必要のないメッセージのやりとりも普通にできるので、たまにメッセージを黒塗りにしたい人にオススメだ。

アプリのダウンロードは無料となっている。

Black SMS

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。