ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

起床時が辛い腰痛患者の共通点は「寝返りを打つ回数少ない」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

〈8月、信じられないような情報がニッポンを駆け巡った〉──。11月2日放送の『ガッテン!』(NHK)は、こんな仰々しい謳い文句で始まった。「腰痛」をテーマにした、この回の内容は多くの視聴者に衝撃を与えた。NHK広報局がいう。

「放送終了後、視聴者の方から1258件の問い合わせがあり、“究極の腰痛解消方法を紹介してもらい、感謝している”といった声が数多く寄せられました」

 厚労省の「国民生活基礎調査」(2013年)によれば、腰痛を訴える人は全国に1328万人もいる。反響が大きいのも当然だろう。

 腰痛は、原因の特定が難しい病気だ。そのため外科手術やコルセットによる矯正、マッサージ、鍼など多くの治療法があるものの、根本治療は難しく、長年にわたって痛みに悩まされる人が少なくない。

『ガッテン!』が紹介したのは、その痛みを“元から断つ”方法。今年8月に東大病院が論文で発表したものだという。

 論文の著者は東大医学部附属病院リハビリテーション部・理学療法士の山口正貴氏だ。同氏は、問診の際に「朝起きた時が辛い」と話す患者が多かったことから、ある“共通点”に気付いて研究を進めた。それは「寝返りを打つ回数が少ない」ということだった。

 人がベッドに背中をつけた状態では、体重の4割もの重さが腰にかかる。そのため、筋肉の繊維が炎症物質を放出し、腰痛を引き起こすのだという。

 それゆえ、いくら日中に腰のコリをほぐしたり、運動をしたとしても、寝ている間に再び腰痛の原因を作ってしまうのだ。この理論には、16号整形外科院長の山田朱織医師も同調する。

「“寝返りが少ない”ことが腰痛の症状を悪化させる要素のひとつであることは、私たちの研究でも明らかになっています。

 二足歩行する人間の体は、日中、重力によって上から下に押されているので、実は歪んでいる。夜中に寝返りを打つことでそれをリセットしているのですが、寝返りを打たないとその機能が上手く働かなくなり、血液の循環が悪くなる」

 一般的には寝返りが少ないことは「寝相が良い」と肯定的にとらえられるが、実はそれが腰に大きな負荷をかけていたのである。

※週刊ポスト2016年11月25日号

【関連記事】
枕が合わないと肩こり、頭痛、骨粗鬆症、うつ病などの原因に
睡眠時の豆電球は肥満のもと 灯ほしければフットライトで
冷え性対策にもなる 寝返りがうてる正しい枕の選び方とは

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP